ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

2人の「名物おじい」が伝授 宝くじ7億円もたらす必勝法

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 1等・前後賞合わせて7億円が当たるドリームジャンボが発売された。全国の“当たる”と名高い有名売り場では、連日多くの宝くじファンが行列をなしている。

 本誌はその中から、“名物おじい”が金運を呼ぶ売り場をピックアップ。合計167才という百戦錬磨の2人から、7億円をつかむ必勝法を聞いてきました。

 東京・上野のアメ横入り口で、真っ赤な外装がひと際目を引く『宝くじ御徒町駅前センター』(台東区)。“徳を持ってる徳じい”と親しまれている中野徳治さん(76才)が同売り場を開業したのは1999年。

 以降、2011年のドリームジャンボ1等・前後賞合わせて3億円や、2012年の年末ジャンボ1等・前後賞合わせて6億円など、高額当せんの総額は30億円をゆうに超えているという。

「私は上野が地元で、子供の頃から不忍池弁天堂にお参りしていましてね。売り場を出してからも“どうか当たりが出ますように”とお参りするようにしているんですよ」(徳じい)

 弁財天といえば、勝負運、芸術、商売にご利益があり、金運アップのパワースポット。お参りの効果か、開業から1年半後の2000年サマージャンボで早速1等・前後賞合わせて3億円が出た。

「すぐに出たと言っても、当たりが出るまでの1年半はそりゃひどいもんでしたよ。でも大当たりが出たことで話題になり、お客さんも増えた。それで、その後売り場を改装する時に、どうせならお客さんに当せん祈願もしてもらおうと思って『開運招福処』を建てました。みなさん買った宝くじを持って、熱心に祈願していらっしゃいます」(徳じい)

 2010年の年末ジャンボでは、1等・前後賞合わせて3億円と2等1億円が2本の計5億円が一度に出たこともあった。徳じいは大当たりのために必要なのは「力まず買うこと」だという。

「私たちは“次は出るぞ、今度こそお客さんに当たりが出るよう頑張って売るぞ”と強く念じて日頃からお客さんと接しています。私みたいな店主がこのように思うことで、その気持ちは販売員にも通じて、お客さんにも伝わるんですよ。

 ただ、念じるのは私たちの仕事。お客さんには、肩の力を抜いてアメ横で遊んだあと、気が向いたらフラッと店に立ち寄ってほしいです」(徳じい)

 もう1人のおじいは、2013年のドリームジャンボで1等1億円を2本同時に出した『丸源』(静岡・藤枝市)の加藤源一さん。売り場の常連客から“幸運を呼ぶ現役最年長店主”として慕われる加藤さんは、なんと御年91才。売り場の前身となる酒店を加藤さんが開業したのは約60年前。宝くじを売り始めたのは1998年からだ。

「“他の店と同じように売っていてはつまらない”と思い、お客さんに好きな数字を選んで買ってもらうようにしたんです」(加藤さん)

 初の億当せんは2003年の年末ジャンボ1等・前後賞合わせて3億円。最近でも、2014年の年末ジャンボミニ1等7000万円や、昨年の初夢宝くじ1等1億8000万円など億当せんが続いている。

「ジャンボ前には売り場の大掃除をして、高額当せんが出ますようにと祈るんです。お客さんに宝くじをお渡しするときも、心から当たってほしいとお祈りしてお渡しするんですよ。宝くじはただの紙切れじゃなくて、真心なんです。そう思うことが大事ですね」(加藤さん)

 ドリームジャンボの販売は6月3日まで。2人のおじいの熱い思いを受け取って、高額当せんを!

※女性セブン2016年6月2日号

【関連記事】
宝くじの億当せん・総額21億円当たった静岡の売場に県外客も
1枚500円 「宝くじの日記念くじ」が1000万枚限定で発売へ
宇部市「奇跡の宝くじ売り場」 当せん金は販売額よりも多い

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP