ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

梅干しと味噌で酒を痛飲の上杉謙信 死因は高血圧症か

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「討死」や「謀殺」、「自決」によって英雄の最期はドラマチックに語り継がれるが、「病」に苦しみ、「病」と闘い、「病」に斃れた歴史上の人物の悩みはあまり知られていない。上杉謙信(1530~1578年。享年48)の死因は何だったのか?

 仏法の守護神・毘沙門天を信仰する上杉謙信は、肉類を一切口にせず粗食を貫いていた。しかし、常に梅干しや味噌を肴に越後の酒を痛飲したという。そのため高血圧症となっていたことが類推できる。

 1570年、謙信は脳卒中で倒れ左片麻痺となっている。その8年後の1578年3月、重臣たちとの酒席で便所に立った謙信は脳卒中を再発。一度は意識を取り戻したが、再び昏睡状態となり不帰の客となった。

※病名などについては『戦国武将の死亡診断書』(酒井シヅ監修/エクスナレッジ刊)などを参考に記したが、病名や死因については諸説ある。生年・没年については『コンサイス日本人名事典』(第4版/三省堂)などを参考にした。享年は満年齢を基本としたが、出生・死亡日が不祥のものは数え年で表記したケースもある。

■監修/酒井シヅ(順天堂大学名誉教授)

※SAPIO2016年6月号

【関連記事】
上杉謙信の兜 戦場で動きやすいよう風で折れた形のものも
信玄(甲斐)と謙信(越後)の2人の銅像が建つのは何県か?
落馬事故で死んだと言われる源頼朝 暗殺説や糖尿病説も存在

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP