ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ヴァル研究所とNTTドコモ、docomo Wi-Fiを活用した位置連動型のスマートフォン向け広告配信システムを開発

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ヴァル研究所と NTT ドコモは 5 月 24 日、NTT ドコモが提供している Wi-Fi サービス「docomo Wi-Fi」を活用して、ユーザーの行動や生活に関連した広告を配信する「O2O 型位置連動情報配信システム」を開発したと発表しました。「O2O 型位置連動情報配信システム」は、接続した docomo Wi-Fi のアクセスポイントをユーザーの現在位置とみなして、付近で営業している店舗等の広告をスマートフォンにプッシュ配信する広告システムです。このようなシステムは BLE ビーコンを用いて提供されることが多い中、今回の新システムでは、既に全国 15 万か所にあるとされている docomo Wi-Fi を利用するので、特に都市部のカバー率は高く、地下でも場所を特定してその場所と関連性の高い広告の配信が可能になります。ユーザー側はスマートフォンの Wi-Fi を ON にして docomo Wi-Fi に接続するだけなので、特別な手続き無しで広告の受信が可能になります。Source : NTT ドコモ

■関連記事
Samsung、Galaxy Note 6にSペンを利用したエッジスクリーン機能を搭載か?
オウルテック、スマートフォンの充電性能を高めるブースト機能を搭載したUSBチェッカーを発表
国内レースイベントのライブタイミングアプリ「レースライブ」のAndroid版が配信中

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP