ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

今秋、東京・大阪がパリになる――フルオケで甦るクロード・ルルーシュ監督×フランシス・レイの名作

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今から50年前の1966年、カンヌ国際映画祭・グランプリに輝いた『男と女』をはじめ、クロード・ルルーシュ監督とフランシス・レイの哀愁漂うスコアによる名作の数々が、フルオーケストラの演奏と共に甦る【クロード・ルルーシュ・イン・コンサート!】の開催が決定した。

 このプロジェクトは2014年9月、パリのアンヴァリッド広場にて、フランスの国民的一大文化イベントとして開催された。そのあまりの素晴らしさに世界中の映画ファンが狂喜した。世界中で再演が望まれながらも不可能とされた幻が、本国フランス以外の海外では、日本のみで遂に実現する。『男と女』を筆頭に、『パリのめぐり逢い』『あの愛をふたたび』『愛よもう一度』『愛と哀しみのボレロ』など、フランス映画界の名コンビ、クロード・ルルーシュとフランシス・レイが創り出してきた傑作映画17作品のハイライトシーンをオムニバス的に再編集、このコンサートだけの全く新しい映像作品として巨大スクリーン上映される。名優たちのセリフ、効果音はそのままに、音楽を総勢60人の壮大なオーケストラ、バンド、歌手の生演奏と共に再構成して贈られる、特別ページェントで、ジャン=ルイ・トランティニアン、アヌーク・エーメ、イヴ・モンタン、アニー・ジラルド、ジャン=ポール・ ベルモンド、カトリーヌ・ドヌーヴら、銀幕の大スターたちが最も輝いていた姿で銀幕に息づく。

 フランス映画界のゴールデン・コンビによる、全編通して見逃せない場面の連続となるベスト・オブ・ベストなセレクション。日本におけるフランス・ブームの原点となったフランス映画の最高傑作『男と女』製作50周年記念の今秋、まさに東京・大阪がパリになる。

◎【クロード・ルルーシュ・イン・コンサート】
<演目>
『男と女』『パリのめぐり逢い』『あの愛をふたたび』『愛よもう一度』『愛と哀しみのボレロ』ほか
※映画の上映に関しましては各映画の全編上映でございません。予めご了承ください。
※「ボレロ」のみモーリス・ラヴェル作曲となります。
<演奏>
指揮:ニコラ・ギロウ/オーケストラ:東京ニューシティ管弦楽団/ソロ ヴァイオリン:アン・グラヴォワン
バンド:パトリック・マヌギアン(G)、フィリップ・シャイエブ(B)、ディディエ・ガッツォ(D)、シリル・バルベソル(P) ほか
<東京公演>NHKホール
2016年9月21日(水)OPEN 18:00/ START 19:00
2016年9月22日(木・祝)OPEN 13:00 / START 14:00
S席:12,000円
A席:11,000円
※全席指定・税込、未就学児入場不可
一般:6月18日(土)より各プレイガイドにて
先行:http://bit.ly/1Vfn5N4″>http://bit.ly/1Vfn5N4 5月24日(火)12:00~
<大阪公演>フェスティバルホール
2016年9月20日(火)OPEN 18:00 / START 19:00  
S席:9,800円
A席:7,800円
SS席:11,800円
BOX席:15,000円
※全席指定・税込、未就学児入場不可
一般:6月11日(土)より各プレイガイドにて
先行:http://bit.ly/1Vfn5N4″>http://bit.ly/1Vfn5N4 5月24日(火)12:00~

関連記事リンク(外部サイト)

フランス映画界の名匠クロード・ルルーシュ監督新作“恋愛映画の決定版”公開決定
第69回カンヌ映画祭 『4ヶ月と、3週と2日』のムンジウ監督が新作で監督賞を受賞
アレハンドロ・ホドロフスキー監督の新作がカンヌで上映、「”詩”こそが唯一の芸術であり、行為そのものであり、生き方」

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP