ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

コブクロ、京都の学校で生歌をサプライズプレゼント

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ニューアルバム『TIMELESS WORLD』の発売を記念して、地元・大阪のラジオ局であるFM802の企画でコブクロを呼びたい学校を募集した結果、京都の京都聖母学院中学校・高等学校にサプライズ訪問することになった。

生徒達に気づかれないよう厳戒態勢のなかリハーサルを進めるコブクロ。サプライズ企画は彼らにとっても久しぶりなので緊張した面持ちの中、学校に突如アナウンスが入る….「〜生徒達は体育館に集合して下さい〜」

突然の放送で体育館に集められた生徒達。その表情はいつもと変わらない日常の生徒達の表情に見える。

体育館には全校生徒800人が集まり、臨時の全校集会がはじまると思いきや、そこにはステージ上に既にセット組みがされており、公開収録を行う事がDJの落合健太郎より告げられ、ゲストとして コブクロがステージから登場。会場は歓声に包まれ生徒達は驚きの表情、中には涙を流す生徒も。

登場したコブクロより今回の公開収録の経緯を説明すると、会場からはどよめきが起こり、応募してくれた生徒達から喜びの声が溢れた。

そして公開収録がスタート。収録は終始穏やかなムードの中で行われ、コブクロのユニークなトークで会場には笑いが広がった。

生徒達の質問コーナーではコブクロに「コブクロの曲で一番、自分達で気に入ってる曲は何ですか、是非歌ってくれませんか?」という質問が投げかけられ、コブクロも最初は戸惑いながらも真剣に「やはり一番最初に作った『桜』という曲には思い入れが強いです」と答え、急きょその場で「桜」のアカペラを披露。即興にも関わらず軽やかなハーモニーを歌い上げ生徒から先生までその歌声に静かに耳を傾けた。

そして公開収録の最後にコブクロからのスペシャルプレゼント。 「今日はここで曲を披露したいと思います」と小渕からの一言に生徒は大興奮。小渕は生徒たちに向け「自分達がまだストリートでやっていた頃の曲で、今回応募してくれた生徒さんが励まされたと言ってくれた曲をやります。いつかみんなに訪れる春の曲です」と告げ、ギター1本の静かなイントロから名曲「YELL ~エール~」を披露。会場はコブクロからの応援ソングで生徒、そして先生までが感動に包まれた。

1曲目のパフォーマンスを終えると小渕から「もう1曲やらせて頂いても良いでしょうか」と嬉しいサプライズ。 そしてニューアルバム『TIMELESS WORLD』にも収録され、高校生から熱狂的な指示を得ている映画『orange-オレンジ-』の主題歌、「未来」を披露する事を告げると、会場の高校生から今日一番の歓声があがった。

小渕は「みんながこの曲を知っていてくれて嬉しいです」と告げ、未来ある若い生徒達に曲を送った。生徒達はサプライズの空間からたちまちコブクロの歌の世界へと引き込まれた。

終演後、応募をしてくれた生徒とも念願の対面を果たし、コブクロに感謝を伝え、今回のサプライズ訪問は感動の1ページで幕を閉じた。

この日の模様は、6月16日のFM802『ROCK KIDS 802』にてOAとなる。

■コブクロ オフィシャルHP

http://kobukuro.com

アルバム『TIMELESS WORLD』
2016年6月15日発売

【初回限定盤】(CD+DVD)

WPZL-31195/6/¥4,500+税

【通常盤】(CD)

WPCL-12389/¥3,000+税

<収録曲>

■CD

01. SUNRISE

02. 未来

03. 何故、旅をするのだろう

04. tOKi meki

05. SNIFF OUT !

06. サイ(レ)ン

07. hana

08. 星が綺麗な夜でした

09. Twilight

10. Tearless

11. 陽だまりの道

12. 42.195km

13. 奇跡

14. NO PAIN, NO GAIN feat.布袋寅泰

15. STAGE

■DVD ※初回限定盤のみ

「LIVE at 慶應義塾大学 第57 回三田祭前夜祭 2015.11.14」

01: オープニング

02: 流星

03: 今、咲き誇る花たちよ

04: MC

05: hana

06: 光

07: MC

08: 手紙

09: 赤い糸

10: 風

11: MC

12: 轍

13: Summer rain

14: 神風

15: MC

16: 未来

17: MC

18: YELL ~エール~

19: クロージング



カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP