ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

意外と優秀! お肌を美しくするワセリンの使い方3選

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ワセリンといえば、冬の乾燥した時期の保湿や酷い手荒れの改善に使うイメージがありますね。実はこの時期の美容にも使える優秀アイテム。美しくなるためのワセリンの使い方を紹介します。

化粧下地に使っちゃう!

ワセリンは肌に浸透しにくく皮膚上に留まる性質があります。十分に水分で潤いを与えたお肌にワセリンで蓋をすることで乾燥を防ぎ、余分な皮脂によってお化粧がよれてしまうのも防いでくれます。また自然なツヤも出るので今流行のナチュラルメイクには使える手法なのです。耳かき一さじ分のワセリンを手のひらで温めてから薄く顔に伸ばします。ティッシュで押さえてからメイクをすればOK。

夜用のフェイシャルマッサージとパックに

マッサージ用のクリーム代わりにワセリンを使ってみましょう。肌に浸透しないので滑りが良く、刺激がないためニキビやアトピーがあっても使えるんですよ。化粧水や美容液で十分に保湿をしたら、手のひらに少量のワセリンを取って温めてから顔に伸ばします。小鼻の横、口角の横、目頭を起点とし、こめかみの下、耳の下、目尻を終点でマッサージ。起点の部分を少し強めに押したらスッと指を滑らせて終点を押す感覚です。乾燥ジワが気になる目の周りや口の周りに「ちょい足し」で薄く塗ったらそのまま就寝。翌朝洗顔フォームで洗顔すれば、ふんわりしっとり。ワセリンとハチミツを混ぜて唇に塗ればリップパックにも。

メイク落としに使える!

ワセリンは安全で刺激や副作用が無い、石油由来の油です。石油由来と聞くと肌に悪そうですが、精製されたものは皮膚科で処方されるくらい安全なもの。油は油と混ざるので、メイク落としにも使えます。余分な洗浄成分が入っていないぶん、お肌にも優しくメイクや皮脂汚れはしっかり落としてくれるんです。特にアイメイクは、ワセリンをつけた綿棒でそっとなでるだけでメイクが浮いてきます。クレンジング剤のように目に入って曇ったり、痛くなったりしないので安心して使えます。洗顔後もつっぱったりしないのでおススメ。

ワセリンは、精製度が高く不純物が少ない白色ワセリンを使用してください。白色ワセリン、サンホワイト、プロペトという商品でドラッグストアで購入することができます。価格は700円~2000円前後。皮膚を保護してくれる作用は、アトピー予防にも使えると発表され話題になりました。ぜひワセリンで美肌をゲットしてくださいね。

writer:しゃけごはん

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP