ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【革命】ロボティクスファッションクリエイターきゅんくん / 世界を魅了する彼女の魅力

DATE:
  • ガジェット通信を≫

メカトロニクスとニューロンの融合と結合、きゅんくん。まさにそれはニューロマンサーともいうべき脳神経とファビュラスな直結をしたインダストリアルな「機械使い」の具現化。古にシャーマンと呼ばれた巫覡、巫術、巫女の数々が、彼女の存在により帰納的な判断ができる自明の理となる。

・自身の表現域で達観
確かにそう言い切るのはアプリオリではあるが、少なくともきゅんくんの混合シナプス由来のシグナル伝達が世界を圧巻させている事実は事象として認めざるを得ない。

奇抜な光背と「ロボティクスファッションクリエイター」という表現に反対命題を唱える者も出てくると思うが、たとえそれが彼女のアポトーシスを求める対照的概念とは違った「Bad faith」なピッティングコロージョンだったとしても、自身の表現域で達観したきゅんくんの灯は揺らぐ事はないだろう。

・教義として波紋を広げる
きゅんくんは、あくまでロボティクスファッションクリエイターとしてファッションと機械の融合を求める。「見せる」と「魅せる」を優先し、そこから生まれる応動を求めるSpark。

トリガーというには完成され過ぎたウーシアだが、発生と初動からハードルを高めたきゅんくんのそれは神格化されるマシーナリーにも成り得るもので、教義として波紋を広げることは絶対時制として表現しても良いほど。彼女のプランクスケールレベルの繊細かつ洗練されたファッションとマシーンは唯一無二の存在なのだ。

・「古さ」という言葉は存在せず
重機企業のタグチ工業がきゅんくんとコラボレーションし、シナジーを求めたのは時間の継続性的観点からしても妥当すぎる判断。

たとえ彼女を全否定するアナクロノペテーな連続体(コンティニュアム)が存在し、余剰次元より観察したとしても、彼女の中枢神経系活動とシグナル伝達に付随する「精神の加速」に驚愕するだけであり、そこに「古さ」という言葉は浮かばないのは明白だ。常に最高のパッチが当てられ続けるきゅんくんから目が離せない。

もっと詳しく読む: ロボットファッションクリエイターきゅんくん(バズプラスニュース Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2016/05/24/kyunkun/

きゅんくん

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。