ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

タンメンともちもちギョーザの一体感?!「タンギョー」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

5月23日放送の「ワイド!スクランブル第2部」(テレビ朝日系、午後12時30分~)では、江東区東陽町で大ブームとなっている「タンギョー」を特集。テレビ朝日アナウンサー・久保田直子さんが「来々軒」(東京都江東区)を訪れた。

東京メトロ東西線木場駅より徒歩5分ほどの同店は、噂の「タンギョー」の発祥とも言われている中華料理店。1日に提供される餃子の数は300皿超えという人気店だ。皮が厚めでジューシーと、常連客からの信頼も厚い。
米酢とコショウでさっぱりと頂くのが特徴の「ギョーザ」を食した久保田さんは「おいしっ!皮がもっちもち!野菜の甘みがしっかりありますね」「米酢がお肉と野菜の甘みをしっかり際立ててる」と絶賛。続いて「タンメン」を口に運んで「餃子との一体感がありますね!」と、再度びっくりの久保田さん。

餡に卵を加えることによって肉汁のうま味を閉じ込め、肉と野菜をまろやかにまとめている餃子は、モチモチ感を出すため皮に餅米を使用しているのもポイント。そして、タンメンに使うスープで餃子を煮込んでからラードを使ってカリカリに焼き上げることによって一層モチモチになる。タンメンとの一体感はまさにここから生まれている。
先代から味を受け継ぎ、人気店となったこちらの「タンメン」と「ギョーザ」は、ぜひセットの「タンギョー」(1180円/税込み)でオーダーし、その一体感を味わいたい。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:来々軒(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:東陽町のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:中華のお店紹介
ぐるなび検索:東陽町×中華のお店一覧
ママ会にもおすすめ!女性が利用しやすい回転寿司店
食材の美味しさを引き出したグリル料理

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP