ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

南国沖縄リゾートで五感をくすぐる鉄板焼の朝食はいかが?自分へのご褒美に優雅なブランチを♡

DATE:
  • ガジェット通信を≫


日本屈指のリゾート地・沖縄を訪れたら、日ごろは忙しい女性もゆったりとした時間に身をまかせたいもの。美しい海の前に建つリゾートホテルでゆっくりと起床して贅沢な朝食を楽しめたら、それだけでとても幸せな気分になれそうだ。

沖縄県読谷村の「ホテル日航アリビラ」にて6月1日(水)~8月31日(水)まで、沖縄素材をふんだんに使った贅沢な「美ら島ブランチ」の夏限定メニュー(4300円・税・サ料込)が提供される。


沖縄のやちむん(陶器)にて提供されるのは、シェフが目の前の鉄板で焼きあげるメニューの数々。沖縄産スイカでアレンジした冷製スープ「ガスパチョ」に始まり、出来たてバナナ入りパンケーキに、あぐー豚のベーコン添え・にんじんしりしりー入りオムレツ、サンニンの葉で包み蒸し焼きにした近海魚と野菜など、目の前でシェフがあなたのために調理してくれる。鉄板の上で炊きあげる釜炊きごはんも美味しそう!こちらは久米島味噌入りとろろをかけていただく。


食後は沖縄産パイナップルのシャーベット、マンゴー、パッションフルーツなどがトッピングされた小さなパフェで贅沢に締めくくる。「美ら島ブランチ」は前日21:00までの予約制で、開催時間帯は10:00~12:00。


沖縄ならではの素材を、朝から鉄板焼でゆったりと優雅に楽しんだら、日ごろの疲れもどこかへ飛んでいってしまいそう。「ホテル日航アリビラ」の「美ら島ブランチ」で、至福のひとときをお楽しみあれ。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP