体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

魅力的な場所がたくさん!ベルギーの世界遺産11選

魅力的な場所がたくさん!ベルギーの世界遺産11選
Arikawa Satoko「ブリュッセル、アールヌーボーの街並み散策」

Arikawa Satoko「ブリュッセル、アールヌーボーの街並み散策」

こんにちは、Compathy Magazineライターの新田浩之です。

今回はベルギーの世界遺産を一挙にご紹介しましょう。ベルギーはオランダとフランスの間にある小さな国です。しかし、EUの本部が首都ブリュッセルに置かれるなど、ヨーロッパの歴史において無視できない国でもあります。そんなベルギーには魅力的な世界遺産がたくさん。さっそく見ていくことにしましょう。

世界遺産名
登録年
フランドル地方にあるベギン修道会の建造物
1998年
ラ・ルヴィエールとル・ルーの中央運河の閘門と周辺
1998年
ブリュッセルのグラン・プラス
1998年
ベルギーとフランスの鐘楼群
1999年(2005年拡張)
ブリュージュ歴史地区
2000年
建築家ヴィクトル・オルタの主要な邸宅
2000年
スピエンヌの新石器時代の火打ち石鉱山
2000年
トゥルネーのノートル・ダム大聖堂
2000年
プランタン=モレトゥスの家屋・工房・博物館複合体
2005年
ストックレー邸
2009年
ワロン地方の主要な鉱山遺跡
2012年

ベルギー11の世界遺産

それでは、ベルギーにある11の世界遺産を見ていきましょう。

1. ブリュージュ歴史地区

Photo credit::Edicolante「ブリュッセルから日帰り 水の都ブルージュ シーフード」

Photo credit::Edicolante「ブリュッセルから日帰り 水の都ブルージュ シーフード」
北海から近く、昔から貿易の拠点として栄えているブリュージュ。1252年にはハンザ同盟の都市となり、証券取引所も開設されました。この頃のブリュージュはヨーロッパ随一の経済都市だったのです。今でも旧市街の中心にあたるマルクト広場には、13世紀に建てられた鐘楼が残存。今でも美しい音色を聞かせてくれます。当時の栄光を物語っている運河も忘れてはいけません。運河にかかる橋はなんと50以上もあるのです。オランダ語でブリュージュは「ブルッヘ(橋)」と言われますが、その呼び方も納得できますね。

ブリュージュ歴史地区(Histric Centre of Brugge)
アクセス:ブリュッセル中央駅から列車で1時間

2. 建築家ヴィクトル・オルタの主要な邸宅群

Photo credit:Arikawa Satoko「ブリュッセル、アールヌーボーの街並み散策」

Photo credit:Arikawa Satoko「ブリュッセル、アールヌーボーの街並み散策」
アール・ヌーヴォー様式の美しい建物を鑑賞したいのであれば、ベルギーに行くべきです。建築家、ヴィクトル・オルタ(1861年~1947年)はアール・ヌーヴォーの巨匠として知られています。オルタは数々の名建築を残しました。そのうち、タッセル邸、ソルヴェイ邸、ヴァン・エトヴェルド邸、オルタ邸(オルタ美術館)が世界遺産になっています。なお、オルタ邸(オルタ美術館)以外は非公開、もしくは予約制となっています。特別な理由がない限り、見学しやすいオルタ邸(オルタ美術館)をオススメします。

1 2 3 4 5次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy