ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

59才女性記者体験 歌舞伎町で熱視線を集めるネオホストの技

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今、歌舞伎町で熱心線を集めるネオホストたち。雑誌『女性セブン』の記者・オバ記者(59才)がホストクラブ『SENSE TOKYO(センストウキョー)』に潜入してきた。以下、オバ記者のリポートだ。

 * * *
 こう見えてオバ(59才)は20代の後半、つまり今から30年前から新宿・歌舞伎町のホストクラブに足を踏み入れている。

 時はバブル華やかなりし頃、ホストは黒いスーツ下からサラリーマンの倍以上の襟高のシャツを着て、わが世の春と歌舞伎町をのし歩いていた。

 バブルと無縁のライター生活を送っていたオバだったが、それでも仲よくなったホステスから「同行して」と頼まれたり、ホストに入れあげたバブリーな女友達に「誕生日祝いしてあげる」と連れ込まれたりした。

 バブルが崩壊した1990年代、極楽鳥のように髪の毛を逆立てた20代のホストが、40代のオバに聞く。

「休みの日とか、何しているんですか?」
「どんな音楽が好きなんですか?」

 1時間、数万円のお金をふんだくるための会話がこれかい。それだけではない。客も使うトイレで「一、ホストたるもの、客に惚れてはいけない。二、ホストたるもの、客にお金を使ってよかったと思わせなければならない」と、ホストに対する“訓示”の張り紙を見たことがある。

 帰り際、「ぼく、頑張りますから、応援してください」とささやくホスト語を翻訳すると、「お金、使って」に尽きる。

 そして2016年、今回も、店に向かうオバは内心、「どーせ、ネオだの何だのいっても、楽して女から金ふんだくろうというホスト根性は変わらないって」と毒づいていた。だとしても、オバもアラカン。20代の赤の他人の男に説教するのだけはやめようと、心に決めていた。

 ネオホストとは、従来のホストが髪は筋盛りにダークスーツという夜のにおいをさせているのに対して、ネオ(新しい)という名がつく通り、髪形もナチュラルで、ファッションもカジュアル。客層もこれまでホスト未経験の一般OLや主婦、おしゃれに敏感な男性客もいるという。

 最近では、5000円ほどで彼らを体感できる主婦ツアーなどもあり、話題となっている。今回オバが向かったのは『SENSE TOKYO』。『白熱ライブ ビビット』(TBS系)や『有吉ジャポン』(TBS系)などでも特集されたことがある人気店だ。

 店に入ると、通路の両側は、鏡張りの壁に横文字がビッシリ。広いフロアにたどりつくまで、ところどころ床に微妙な段差がある。「ちょっとぉ~、これじゃ中高年は転倒するよ」と言おうとしたが、声が出ない。出迎えてくれた社長の櫻遊志くん(28才)の不思議さに圧倒されたからだ。

「櫻遊志です。よろしくお願いします」

 真っ赤なミリタリー調のスーツに、シャネルのブローチをつけた姿はまるで昔のGS(グループサウンズ)のステージ衣装のよう? しかし櫻社長は「GSって、何ですか?」と首をかしげる。聞けば、両親とも医師で、「母親は58才」。オバと同世代だ。つい母親目線になり、「それでご両親は何て言っているの? 来店したことがあるの?」と聞いた。

 ホストクラブで親の話題はタブー、というほどではないが、みんな事情があるんだから、本当の話をしなくてもいいという客と店側の暗黙のルールがある気がする。

 ところがどうだろう。櫻社長は、白い歯をきらりきらりと見せつけながら、「姉と母親は店に来ていますよ。あ、ちょっと待って」。携帯の中から家族写真を出して、オバに差し出すではないか。

「父親もファッションが大好きで、ぼくも子供の頃からブランド服を着せられていましたね。だいたいホストのファッションてダサいじゃないですか。だからそれを変えたかったんです。ま、ぼくもファイナルファンタジーみたいな王子様スタイルをしていたこともあるから、あんまり言えないんだけど(苦笑)」

 と言いつつ、携帯から、かつて24か月、連続ナンバー1だった頃の写真も見せてくれた。

「そもそも親に言えない仕事っておかしいでしょ。店のメンバーにもホストをしてるって親に言っていない子がいたので、ちゃんと話して来いと、実家に帰らせました。彼の親は“お前、変わったね”と、応援してくれたそうです」

 洋服は奇抜だけど、キチンとした家庭で育ったからか、考え方がすごくまっとう。

 櫻社長はお酒が飲めない体質で、何で勝負をするか考えた結果、まっとうさを磨くことが自身のブランド力を高めると行きついたという。それゆえ、No.1になってから接客のイロハを学び直し、ショータイムのダンスのためにダンスレッスンに通う。メンバーのファッションやメイクのチェックも毎日行う徹底ぶりだ。
そうこうしている間に、栃木県出身でナンバー2の晴琉くん(21才)、赤い帽子もかわいい一織くん(22才)、九州男児のZEROくん(23才)が集まってきた。

 まあ、彼らのきれいなこと。老眼の目が洗われるよう。アイドルにも韓流にも心が動いたことがないオバが、なんだか、うれしくて楽しくて仕方がない。これって、年のせい?

「初体験ですか? ぼくは遅いですよ。高校時代もまったくモテなくて、フラれっぱなしでしたから」

 晴琉くんは、つぶらな瞳でオバをひたっと見つめる。彼らのどこをほじっても、水商売特有の秘密も、暗さも、苦労話もない。ホスト特有の、今日会った人に「運命の人」とほざく“チンピラ性”もない。

 こんなんで生き馬の目を抜く歌舞伎町で、ちゃんと生きていけるのか。あれからオバの老婆心はうずきっぱなしだ。

※女性セブン2016年6月2日号

【関連記事】
ホストにハマる著名人 黒木瞳、後藤真希、細木数子も
ホストなりきりバカ夫 「飲ーんで」とやり親戚がドン引き
東野幸治が妻のホストクラブ通いにコメント 別居疑惑を語る

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP