ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ロア・インターナショナル、エッジスクリーンも操作できるGalaxy S7 edge用フリップケースを発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ロア・インターナショナルは 5 月 24 日、蓋を閉じたままでもエッジスクリーンを操作できる Galaxy S7 edge 用の ZENUS ケース「Minimal Diary」「Metallic Diary」「Buffalo Diary」を発売しました。ZENUS ケースはどれも共通のデザインを採用しており、ケースの右サイドにエッジスクリーンを操作できる縦長のスリットが設けられています。このスリットでは、Galaxy S7 edge のエッジスクリーンに表示された情報を確認することができます。本体ケース部分はクリアタイプの TPU 素材を使用しており、Galaxy S7 edge を全体的に覆います。また、ケースの背面部分にはカードポケットを装備しています。Minimal Diary は、本革ナチュラルサフィアーノレザーを使用した高級志向なケースで、ブラックとホワイトの 2 色が用意されています。価格は 5,980 円 + 税。Metallic Diary は、合成皮革に光沢加工を施してメタリックな雰囲気に仕上げた製品です。カラバリはネイビーとシルバーの 2 色で、価格は 3,580 円 + 税。Buffalo Diary は、合成皮革に加工を施してビンテージレザーのような雰囲気に仕上げた製品です。カラバリはブラック、ブラウン、ネイビー、レッドの 4 色で、価格は 2,500 円 + 税。Source : Minimal DiaryMetallic DiaryBuffalo Diary

■関連記事
Y!mobile、MIL規格準拠のタフなエントリーモデル「DIGNO E」を発表
Android用バーチャルメイクアプリ「YouCam メイク」に花王ソフィーナの「オーブクチュール」が追加
プラスワン、米国で「Kiwami」と「Priori 3」の予約受付を開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP