体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

今までのタイプRと一線を画す「シビック タイプR」。各所から感じた“大人の雰囲気”とは?

▲ホンダが生み出したピュアスポーツモデルの新型「CIVIC TYPE R(シビック タイプアール)」

▲ホンダが生み出したピュアスポーツモデルの新型「CIVIC TYPE R(シビック タイプアール)」

歴代タイプRに乗ってきたからこその期待

昨年12月に750台限定で販売されたホンダ シビック タイプR。私は、この車に乗るのがとても楽しみであった。というのも、歴代のホンダ タイプRがすべて素晴らしいモデルであったからだ。

過去のタイプRはハッチバック、セダン、クーペ、そしてNSXまで試乗してきたが、エンジンからサスペンション、シフトフィールにシャシー剛性、それに見合ったハンドリングまで、どれも“操るおもしろさ”を理解せずにいられない仕様だった。欧州スポーツカーを知っている方ならば、一層分かっていただけるはずだ。

果たして、今回のタイプRはいかがなものか。試乗した感想をお伝えしたい。

▲初代から歴史を創り上げてきたシビック タイプR。今回の新型は4代目にあたる

▲初代から歴史を創り上げてきたシビック タイプR。今回の新型は4代目にあたる

洗練された内外装と走り

まずデザインだが、最高速度270km/hを誇ることもあり、空力に特化したボディが個性を際立たせている。内装は、今までのシビックと比べるとより高級なダッシュパネルを使っており、質感の向上に努めているのが分かった。国内で販売しているホンダでは採用されていない質感だ。バケットシートの作りも上々で大きなバックレストでしっかりと背中を支えてくれる。全体的に、高級感が増した印象だ。

▲空力に特化したデザインパーツ

▲空力に特化したデザインパーツ

▲黒を基調に赤を配色したコックピット

▲黒を基調に赤を配色したコックピット

スタートボタンを押すと、すぐにエンジンが目を覚ました。始動時の振動は今までのタイプRと比べると減少しており静粛性が向上していた。気になるのは、最高出力310馬力というハイパワーのターボユニット。タイプRとしては初めての搭載だ。

このようにチューニング度合が高いとドライバビリティはいかがだろうか。試しにシフトノブをコクッと1速に入れて、少々重めのクラッチをミートポイントでスッと合わせアクセルを軽く当ててみた。

……極めてスムーズに発進する。普通に走っても挙動を乱すトルクの山と谷は感じない。ターボハイパワー車とは思えないほど滑らかなドライビングだ。シフトフィールも横置きトランスミッションとしてはかなり良い。チューニングが誠に上手だ。

▲アルミ製のシフトノブ

▲アルミ製のシフトノブ

エンジンの完成度も高い。ホンダはエンジンメーカーとしても生きていけるのではないか? と思うほどだ。高回転でもストレスを感じない。トルクの高まりといいサウンドといいドラマチックだ。搭載位置と車軸の関係も最適にしてあり、FFとしてはかなりきちんとしたトラクションを得ることができる。

サスペンションは、伸び縮みともにストロークを抑制しているが、路面からの細かい動きに対応したセットアップが専用のバケットシートと相まって、普段の街乗りでも不愉快な乗り心地ではない。

1 2次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。