ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

特産プレミアム玉ねぎを使った「淡路島カレー」は、味わいが3段階に変化するらしい!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

豊かな自然と温暖な気候が魅力の淡路島。ご存知の通り、甘くて柔らかい「玉ねぎ」が有名な、瀬戸内海最大の島です。

実はいま、そんな特産品を使った「淡路島カレー」が全国的なブームになりつつある模様。なんでも、3段階に変化する深い味わいが人気の理由だとか。

良質な素材と配合が織りなす
“奥深い味わい”

一番人気はこの「スタウトポークカレー」。スタウトビールで煮込んだポークはトロトロで、女性でもペロリといけちゃうそう。

それでは早速、その美味しさのヒミツに迫りましょう。

【ヒミツその1】
玉ねぎ=梨!?

1つ目のヒミツは「甘み」。瀬戸内海沿岸で育てられた淡路島の玉ねぎの中でも、梨とほぼ同じ糖度のプレミアムなものだけを、飴色になるまで4時間ゆっくり炒めています。1人前に使用する玉ねぎは、丸ごと1個!その他、リンゴやバナナ、マンゴー、パパイヤなど、9種のフルーツが溶け込んでいることもポイント。

【ヒミツその2】
2つのスープが生み出す“コク”

2つ目のヒミツは、甘みの次に感じる深い「コク」。淡路島の工場で丁寧に炊いた鶏ガラスープと香味野菜のスープ。さらに、特別にブレンドしたデミグラスソースが合わさることにより、家庭のカレーとはひと味もふた味も違う、上質な深いコクが生まれました。

【ヒミツその3】
大人のための辛さ

3つ目のヒミツは、最後に感じる「辛さ」。厳選唐辛子とターメリック、コリアンダー、クミン、フェネグリークなど16種類以上のスパイスが使われています。油分はオリーブオイル小さじ1杯程度と控えめ。そうしてスッキリとした後味にこだわることで…、

“大人のためのカレー”が完成。

お店によってオリジナルトッピングが楽しめるのも「淡路島カレー」の魅力。こちらは、B-by-C銀座店で女性に大人気の「淡路島カレーB-by-Cアレンジ」。う〜ん、食べてみたい!

「淡路島カレー」は、東京・大阪を中心に全国170店舗展開中(併設型店舗を含む)。店舗一覧はコチラから。豊富なメニュー(店舗によって異なる)もチェックしてみて。

Licensed material used with permission by 株式会社ビープラウド

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP