ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

待ち時間の短い病院がすぐわかる!オープンデータを活用したスマホアプリが登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

緊急時に飛び込みでも受診できる救急外来は、重篤な患者への処置が優先されるため、命に別状がない場合、長時間にわたって待たされるケースが少なくない。

パースを州都とする西オーストラリア州では、デジタルテクノロジー企業「Readify」との提携により、州内の病院を対象に救急外来の待ち時間などを検索できる、オーストラリア初のスマートフォンアプリ「WA Emergency Waiting Times」がリリースされた。

・現在地をベースに待ち時間が最短の病院を検索

このスマホアプリには、救急外来の待ち時間データに加え、ユーザーの位置情報や交通情報、オンライン地図を統合。

アプリを立ち上げると、現在地から最も待ち時間の短い病院と移動ルートが表示される仕組みとなっている。

・有益なソリューションの提供こそ、真の“オープンデータ”化

西オーストラリア州政府では、すでに、公式ウェブサイトを通じ、州内の救急外来の待ち時間データをリアルタイムで公開してきたが、住民の認知度は低く、有効に活用されているとはいえない状況があった。

そこで、西オーストラリア州政府は、主管部門が横断する複数のオープンデータを統合し、住民の生活に役立つ情報ツールとするべく、「WA Emergency Waiting Times」の開発に取り組んだという。

行政機関が保有する公共データを公開し、開放するだけでなく、住民の視点に立ち、データを整理・統合し、有益なソリューションとして提供することこそ、真の“オープンデータ”化といえるのかもしれない。

WA Emergency Waiting Times

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP