ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【リレー連載】世界のスーパーマーケットをめぐる旅「第1回フランス編」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

フランス在住、TABIZINEライターのsweetsholicです。海外現地の最新スーパー事情をお届けする新コラム「世界のスーパーマーケットをめぐる旅」。商品のラインナップやオリジナルエコバッグ、日本とは少し異なるスーパーの利用方法まで、海外旅行の際に知っておくと便利な情報をリレー形式でお届けします!

■関連記事
【フランスのお土産に】在住者おすすめ!スーパーで買える美味しいお菓子5選
フランスのスーパーでお土産に買いたい「マドレーヌ」を勝手にランキング
在住者イチオシ!お土産にしたい、フランスの可愛くて美味しいクッキー
ばらまき土産にもピッタリ!フランスの国民的おやつ「カランバール」
【在住者おすすめのお土産】フランスの可愛い、美味しいジャム4選
フランスのスーパーでお土産に買いたい、おしゃれなグルメポテトチップス
在住者イチオシのお土産!フランスの可愛いご当地お菓子4選
【通販OK】在住者がおすすめする、パリで買いたい紅茶のお土産5選

世界のスーパーvol.1は、ここ最近ようやっと日曜営業のスーパーが増えてきた「フランス」編です。

【連載】世界のスーパーをめぐる旅「フランス編」
(C) sweetsholic

その土地ならではの魅力がぎっしり詰まったスーパー。海外はもちろん、国内でも地方のスーパーに足を運ぶと、都内では見かけない調味料や食品があったりして、好奇心旺盛なトラベラーにはたまらない場所だったりします。スーパーのラインナップから、現地の人々の暮らしぶりが垣間見えるのも楽しいですよね。

【連載】世界のスーパーをめぐる旅「フランス編」
(C) sweetsholic

日本以上にスーパーの種類が豊富!

フランス語で「スーパーマルシェ/supermarché」と呼ばれるスーパーマーケット。アミューズメントパーク並みに広い大型スーパーは「ハイパーマルシェ/hypermarché」と呼ばれています。

「MONOPRIX」「Leader Price Express」「SPAR」などコンビニ感覚で利用できる比較的小規模なスーパー、「Carrefour」「Casino」「Intermarché」などの食料品中心のスーパー、食料品のほかに衣料品やガーデニング用品なども扱う「Auchan」「E.Leclerc」などの大型スーパー、庶民の生活を支えるディスカウント系スーパーなど、日本国内以上にスーパーの種類が豊富です。

【連載】世界のスーパーをめぐる旅「フランス編」
土曜の夕方になるとフランスのスーパーは大混雑! 比較的大きな「Carrefour Market」 (C) sweetsholic

トラベラーのみなさんが、フランス滞在中に目にしやすく、利用しやすいスーパーといったら「MONOPRIX」「Carrefour」「Casino」辺りではないでしょうか。特に「MONOPRIX」は若い世代からの支持が高く、オリジナル商品のパッケージがオシャレ! 旅行中にお菓子やワインを買うのに立ち寄ったり、お土産探しにぴったりのスーパーです。

【連載】世界のスーパーをめぐる旅「フランス編」
比較的小さめで買い物しやすい「SPAR」 (C) sweetsholic

日本とはココが違う! スーパー攻略法

都心部のコンビニ型「Carrefour」や「MONOPRIX」などを除き、フランスのスーパーでは買い物袋に自分で買ったものを詰めるのが基本。のんびりしていると、買ったものがどんどん積まれていくため、持参したエコバッグまたはレジ袋(有料)に手際よく詰めていきましょう。エコバッグを持ち合わせていない場合は、会計前に「レジ袋をください(Une poche , s’il vous plaît/ユヌ・ポッシュ・シヴプレ)」とお願いするとお会計がスムーズに。

【連載】世界のスーパーをめぐる旅「フランス編」

フランスのスーパーはたいてい、月曜〜土曜・8時頃〜20時頃まで営業しています。都市部のスーパーやコンビニ型の小さい店舗では22時頃までオープンしていることも。フランスのお店ははこれまで基本的に日曜・祝日は休業でしたが、今年に入ってから日曜は午前中のみ営業するところが増えてきました。ただベーカリーやファッションブランド、デパートなどは引き続き日曜もお休みのところが多い模様。日曜に買い物ができない不便さといったら・・・! 

ところで現地のスーパーは、万引き対策が非常に厳重なこともあり、入店後に何も買わないで退店するにはレジを通らなければならない場合がほとんどです。何も買わないで退店する際には、不審者に思われない素振りを見せることが大切。レジスタッフに「外に出たいです(Je veux sortir/ジュ・ヴ・ソルティ)」と告げれば、多くの場合大丈夫です。

「MONOPRIX」のラインナップ

それでは早速、オシャレなアイテムが揃う「MONOPRIX」へ。こちらのスーパーは加工品コーナー、お菓子コーナーやドリンクコーナー、インターナショナルフードを扱うコーナーなどがコンパクトにまとまっているため、初めての人でも買い物しやすいと思います。

【連載】世界のスーパーをめぐる旅「フランス編」
(C) sweetsholic

まず目に留まるのが、マルシェ(市場)のように陳列された野菜と果物のコーナーです。フランスのスーパーでは野菜や果物はパックに入ったものと、量り売りのものが混在しています。

【連載】世界のスーパーをめぐる旅「フランス編」
(C) sweetsholic

チーズやワインのセレクションはさすが! よい香りが漂ってきそうなチーズコーナー。ミルキーで食べやすいセミハードタイプの「カンタル(cantal)」、ハートの形をしたブリーチーズのようにクリーミーな「ヌーシャテル(neufchâtel)」、カーネーションのように繊細なお花型の「テット・ド・モワンヌ(tête de moine)」などはいかがでしょう?

【連載】世界のスーパーをめぐる旅「フランス編」
(C) sweetsholic

リカーストア並みにさまざまなワインがずらりと並ぶワインコーナー。さすがワインの国フランス!

【連載】世界のスーパーをめぐる旅「フランス編」
(C) sweetsholic

前述のチーズや惣菜コーナーで売られている「l’atelier Blini」のオリーブやディップと合わせれば、エレガントなおつまみタイムが過ごせそう。ホテルに持ち帰っても、天気が良ければピクニックにも良さそうです。

【連載】世界のスーパーをめぐる旅「フランス編」
(C) atelier-blini.fr

ソーセージと豆の煮込み料理やビーフシチューといったフランスの家庭料理を缶詰にした加工品コーナー。

【連載】世界のスーパーをめぐる旅「フランス編」
(C) sweetsholic

同じスーパーでも、地域ごとに若干ラインナップが異なります。立ち寄った「MONOPRIX」は、鴨肉やフォアグラ、アルマニャック(ブランデー)の産地からほど近いフランス南西部・トゥールーズ市内の店舗ということもあり、これらを使った加工品が充実。お値段もリーズナブルです。

【連載】世界のスーパーをめぐる旅「フランス編」
(C) sweetsholic

しょう油や即席みそ汁、春雨やビーフンなどアジア系食材が揃うインターナショナルセクション。ラーメン風と焼きそば風、2種類の食べ方ができるが「Tanoshi 楽」という麺はとてもユニークです。

■関連記事
汁なしで麺が短い!一袋で2通りの味?フランスのインスタント麺が面白すぎる
http://tabizine.jp/2015/03/21/31809/

【連載】世界のスーパーをめぐる旅「フランス編」
(C) sweetsholic

ほぼ、どのスーパーでも見かけるビオの食品(有機農法で作られた食品)。健康や環境に関心の高い人を中心に、フランスではビオが人気です。

【連載】世界のスーパーをめぐる旅「フランス編」
(C) sweetsholic

有名ブランドの物に比べてリーズナブルなスーパーのオリジナル商品。「MONOPRIX」のものは、パッケージはデザインが洗練されています。紅茶にビスケットなど、ばらまき土産にもよさそう。

【連載】世界のスーパーをめぐる旅「フランス編」
(C) sweetsholic

ホテルに持ち帰って食べても、お土産にもよさそうなフランス生まれのお菓子たち。今年170周年を迎える大手製菓メーカー「LU」のチョコレートクリーム入りのクマ型ミニケーキ「LULU l’ourson」に、良質なバターをふんだんに使ったシンプルな焼菓子に定評のある「St Michel」のキャラメルが香ばしいパルミエ「Palmier Caramel Au Beurre」は、コーヒーや紅茶によく合います。

【連載】世界のスーパーをめぐる旅「フランス編」
(C) sweetsholic

デザインが素敵だと評判の「MONOPRIX」のエコバッグは1.5ユーロ(約185円)。常に10種類ほどのデザインやカラーが揃います。素敵な柄が見つかれば、こちらもお土産にいかがでしょう? 

【連載】世界のスーパーをめぐる旅「フランス編」
(C) sweetsholic

エッフェル塔やフランス国旗などがプリントされた、パリをモチーフにした新登場のデザイン(2ユーロ/約250円)もキュートです。

【連載】世界のスーパーをめぐる旅「フランス編」
(C) sweetsholic

今回は「MONOPRIX」を取り上げましたが、書店や家具屋、家電量販店などを併設している「Auchan」「E.Leclerc」などのハイパーマルシェも面白いですよ。本や雑誌を眺めたり、見慣れない家具や家電を眺めながら現地での生活を妄想したり・・・。考えただけでもワクワクしそう!

【リレー連載】世界のスーパーマーケットをめぐる旅「第2回オランダ編」は、5月31日火曜日にお届けいたします。お楽しみに!

■関連記事
【フランスのお土産に】在住者おすすめ!スーパーで買える美味しいお菓子5選
フランスのスーパーでお土産に買いたい「マドレーヌ」を勝手にランキング
在住者イチオシ!お土産にしたい、フランスの可愛くて美味しいクッキー
ばらまき土産にもピッタリ!フランスの国民的おやつ「カランバール」
【在住者おすすめのお土産】フランスの可愛い、美味しいジャム4選
フランスのスーパーでお土産に買いたい、おしゃれなグルメポテトチップス
在住者イチオシのお土産!フランスの可愛いご当地お菓子4選
【通販OK】在住者がおすすめする、パリで買いたい紅茶のお土産5選

[Photo by shutterstock.com]

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。