ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「なんで目の前に立つのかしら」電車の中でマタニティマークに向けられた心ない言葉に絶句…

DATE:
  • ガジェット通信を≫

フルタイム出勤で働いていた私は、結婚1年目に出来た初めての赤ちゃんにうきうき。

子供が欲しかった私たち夫婦は、いつかくるであろう赤ちゃんとの生活を夢見てその時の為にと共働きで働いていました。

妊娠が発覚したときには二人とも心から喜び、会社にもすぐに報告をしました。 関連記事:マタニティマーク。もらったはいいけど、ネットの声に脅えて付けるのが怖かった話 by つかさちずる – 赤すぐnet 妊娠・出産・育児 みんなの体験記

しかし、妊娠がわかってからすぐにきたつわりのひどさに毎日悩まされていました。つわりはいつ来るかわからないもの。それは、通勤電車でも自分の意思に関係なくきてしまうものです。

もしも何かあったらという不安もありましたが、産後も復帰することを考えていたため産休に入るまで仕事を続けることにしました。

しかし、何よりも困ったのが通勤電車での眩暈です。自宅から会社までの距離は決して近くなく、通勤時間は片道2時間程度。

妊婦だとわかるマタニティーマークのキーホルダーを付けていても、配慮してくれる方は多くはありません。むしろ、うっとおしいという顔をされてしまうのが現実でした。

特に悲しみを覚えたのは、女性からの非難の声です。

退勤時の電車で、体調も悪くふらふらと優先席に歩いて行った私に対して、年配の女性の方が発した言葉は深く胸に突き刺さりました。

「私も疲れているのに、なんで目の前に立つのかしらうっとおしい」

「あーはいはい、どけばいいんでしょ?」

男性ならまだしも、まさか同じ女性からこのような言葉を言われるとは思ってもいませんでした。

このことが起きてから、性別に関係なく恐怖を感じてしまい、席に座れなかった時には逆にマタニティーマークをバッグの内側に隠すことも。

悲しくなりながら、それでも生まれてくる子供のためにしっかりしなくては!と自分を奮い立たせて通勤を続けていました。

しかし、そうは思っていてもきてしまう突然の眩暈。

まるでメリーゴーランドにでも乗ったように目の前がぐるんと回り、暗転してしまいます。

なんかおかしいと思った時には、もう身体の力が抜けてしまっているのです。

眩暈がしてしまった時には、次の駅までなんとか倒れないようにと手すりにつかまり自分の身体を支えることを考えるだけで精一杯でした。支えきれずに座り込んでしまうことも…。

しかし、周りの人々は座り込んだ私を避けるだけで助けようとしてくれる人はいませんでした。誰か助けて…という気持ちはありましたが、もしもまた悪口を言われてしまったり赤ちゃんに何かされたらという恐怖から、必死になって立ち上がり、あくまで自分が妊婦だということは隠していました。

産休まで働こうと決めたのは自分。周りの人も疲れているんだから自分と赤ちゃんのことは自分で守らなきゃ…。

そればかりを考えて、なんとか耐えていました。

無事出産を終えた今となっては、あんなことを言われるとは思っていなかったし、誰か助けてくれても良かったのになと笑って言えますが、当時は家に帰ってもとにかく自分が悪い、邪魔者なんだと落ち込んでいました。

自分から助けてと言える人はなかなかいません。また、妊娠中の不安な気持ちは本人にしかわからないものですが、少しの優しさでかなり救われることも多いです。

電車で妊婦さんを見かけた方、絶対に席を譲ってほしいということではありませんが、もしも不安そうな表情や具合が悪いような感じがしたら、声をかけてあげてください! 関連記事:これからの妊婦さんに伝えたい、マタニティマークをつける理由 – 赤すぐnet 妊娠・出産・育児 みんなの体験記

著者:たけ

年齢:31歳

子どもの年齢:2歳2ヶ月

何事も笑って楽しく過ごしたいと考えている1児の子供をもつ主婦です。毎日新しいことを覚えていく子供の為に何が出来るか調べつつも、実は自分が楽しんでいます!子供だけではなく自分も一緒に成長していけたらいいなと色々試行錯誤しています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

食べ物の好みが・・・
とっても忙しっ!2人目妊娠生活
睡眠不足は妊婦のときから

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP