体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「超能力者」ユリ・ゲラーをベジタリアンにした男・矢追純一氏インタビュー【前編】

f:id:Meshi2_IB:20151221131957j:plain

UFOや「超能力者」ユリ・ゲラーなど、たくさんの超常現象番組を作った伝説のディレクターというイメージのある矢追純一氏。日本テレビ在局中から、社員であるにもかかわらず書籍の出版や舞台演出など独自の活動を様々にやってきた。

「会社から文句言われたら辞めるから。別にひとつのところにいなきゃいけないってことでもないし、世の中にやることはいくらでもあるので、ひとつの会社に入っちゃたらずっとそこにいようってのはだいたい間違ってる。とっとと辞めればいいんです(一同笑)」

1960年に日本テレビに入社したのち、超常現象を扱うドキュメンタリー風オカルト番組を数多く手掛け、ネッシー、ユリ・ゲラー、スプーン曲げ、UFOなど数多くのブームを起こした。自身も出演していたことで名物ディレクターとしても有名になった。

いまでも続くUFOやスプーン曲げなどのいわゆる超常現象のジャンルは、いわば彼が作ったと言って過言ではない。

f:id:Meshi2_IB:20151221131948j:plain

「私がUFOの番組を始めたのは、精神的に余裕がない人が多いから。精神的に余裕がないと、なにをやってもうまくいかないので余計にイライラするという悪循環に入るわけですね。“たまには立ち止まって空を見たら”というのがUFO番組の始まりです。それはいまでも変わらず同じコンセプトでやってる」

──現在は「宇宙塾」という活動をされてらっしゃるようですが。

「宇宙塾には老若男女いろんな人がいて、下は小学生から上は90歳代まで。みんな遠くから熱心に通ってくるんですよ。すでに1週間おきのセミナーで、もう6ヶ月やっているからね。九州も四国も、愛知県や山口県、北海道からも来るし、一番遠いのはニューヨークから通っているのもいるし。30年前に、世の中の人に役に立つことを少しはしてから死んだほうがいいかなと、余計なことを思って」

f:id:Meshi2_IB:20151221131947j:plain

マスコミは常識的なことしかやろうとしないから

──矢追さんはTVディレクターとして伝説的な番組を数多く制作されてきました。

「テレビの番組やいろんなところで、どうしてオカルティックなものやUFOをやるのかというとね、基本的にはたまには空を見て、心を豊かにというか、視野を広げなさいってのがひとつ。だけどもうひとつは、ジャーナリストとして、マスコミが常識的なことしか取り上げないのは問題だと思ってるわけです」

f:id:Meshi2_IB:20151221131951j:plain

──オカルト的なものはどうしても叩かれがちです。

「常識的なことをやらないと自分の失点になるので、みんな保身に走ってる。マスコミに関係する人は、それはダメなのね。保身に走っているようじゃ、マスコミにいちゃいけないの、ホントはね。で、無理して、俺の昔のUFOの番組みたいなの作りたいなと思ったところで、結局はお笑い芸人をいっぱい集めてごちゃごちゃにわからなくしてしまうことしかできないでしょう」

1 2 3 4 5次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。