ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

舛添要一都知事がかつて明かした「絵画財テク」の手法

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 舛添要一・東京都知事の政治資金私的流用疑惑が止まらない。温泉代も美術品代も、娘の服代も政治資金で浮かせる「蓄財哲学」をかつて本誌に語っていた。記事は、「舛添要一 『50歳からの極楽財産術』」(2005年7月29日号)と題したもの。バブル期には不動産投資にも挑戦したが失敗したと語る彼が行き着いたのが、絵画による資産形成だった。

〈不動産に投資する余裕資金があるなら、私なら趣味を活かした資産形成を考えますね。実際、私は絵が好きなので、絵画を購入しています。

 絵画を資産として所有する人は少ないかも知れませんが、1000万円で買った絵が5年後に2000万円の価値になっていることは十分ありえる。私は、買った絵を毎日眺めているだけで精神的な満足感が得られるので、たとえ値上がりしなくても、20年間見続けていたら、それだけで元を取った気分になれると思っています〉

 このインタビュー記事のきっかけとなった当時の新刊『マスゾエ式 定年後極楽生活入門』では、より詳細な「絵画財テク」の手法を明かしている。

〈コーヒーを毎日飲む人と同じく、(絵画で)精神的な満足感を得ているわけで、毎日コーヒー代の300円分の利益を得ていると考えることができます。年間365日で毎日300円の効果だとすると、私は年に約11万円分を得たことになります〉

 絵画による癒やしすら金額換算してしまうところが、いかにも舛添氏らしい。

 同書では不動産投資について、〈購入したワンルームマンションに、入居者が入ってくれるかどうかという問題〉のほか、不動産取得税や固定資産税、部屋の維持管理費用、入居者とのトラブルなどのデメリットを挙げて、〈私ならば不動産よりも絵を選びます〉と力説する。よほど絵画は稼げるようだ。

 舛添氏が絵画財テクの参考にしているのが、東京・渋谷にある山種美術館を設立した山種証券(現・SMBCフレンド証券)創業者の山崎種二氏の逸話だ。

 贋作ばかりを買わされていた山崎氏は日本画家の横山大観から「生きている画家の絵を買えば偽物を掴まされない」と忠告を受け、前途有望な若手画家の作品を収集したことで、現在では高額作品ばかりの大コレクションを揃えることができたという。

〈私もまだ有名ではない、ある台湾人画家の絵を購入し、議員会館に飾っています。今後、価値が上がっていくのを期待しています。そのほか、パリの留学時代に知り合った画家の絵もたくさん購入しています〉

 舛添氏は13日の会見で「海外の方と交流を行なう際に、書や浮世絵などをツールとして活用する」「国際交流で使うものと自分のコレクションとは明確に分けている」と語ったが、2005年当時に議員会館に飾っていたというこの台湾人画家の絵はどちらなのか。政治資金使用の有無や保有状況などを問い合わせたが、「お答えできません」(都庁政策企画局)との回答だった。

※週刊ポスト2016年6月3日号

【関連記事】
色彩の論理を知ることにより絵の美しさを新たに理解できる本
舛添要一氏がかつて語っていた「極楽財産術」の中身
「ペット可・事務所もOK」何でもアリのアリアリ物件に注意を

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。