ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ビジネスにも使える!?壁や机をタブレットに変えるプロジェクター

DATE:
  • ガジェット通信を≫

机や壁をタブレットへと変身させる世界初のプロジェクター「Lazertouch Mini Projector」が、海外クラウドファンディングサイト「INDIEGOGO」で話題となっている。

・机や壁が15インチのタブレットに変身

Lazertouch Mini Projectorを使用すると、部屋の中の机や壁が、指で触って自由自在に操作可能な、言わば「大きなタブレット」へと変身する。

プロジェクターから出ているレーザー光線が指に当たり、それをセンサーが感知する仕組みとなっており、その結果タブレット感覚での操作が可能となる。タブレット使用時と異なり、機器から出る光が直接目に入ってこないため、目への負担が少ない。

・会社のミーティングで大活躍

従来のプロジェクターの厄介なところは、設定に手間取ってしまう点だ。このLazertouch Mini ProjectorはVGAケーブルなどを必要としない。

投影に適した平坦な場所さえあれば、いつでも会社のミーティングを開始することができる。

プロジェクターが投影したスクリーンはホワイトボード代わりにもなる。プレゼンテーション時に思いついた内容をスクリーンに書き込んだりすることも可能である。

・最大200インチのスクリーンに

Lazertouch Mini Projectorは、最大200インチのスクリーンに対応している。自宅で使用すれば、自室があっという間にホームシアターへと変身する。

4Kや3D映像を標準装備しており、臨場感のある映像を高画質で堪能することができる。

・上海の会社が開発

このプロジェクターを開発したのは、 2010年に誕生したばかりの中国・上海のスタートアップ企業。独自のレーザータッチ技術を強みとしており、6年余の期間で数多くの特許を取得してきた注目の企業である。

現在、クラウドファンディングサイト「INDIEGOGO」にて支援を受け付けている。目標額は3万ドル(約330万円)である。

Lazertouch Mini Projector

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。