ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「あれは限界の顔だ…」双子の写真撮影は至難のワザ!100日のお祝いの話 by ぐっちぃ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「100日」に突入したので、何かせねばならないと思い、お祝いをすることにしました。 前回のエピソード:手首を触るだけで激痛が!まだまだいけると思っていたら、かかってしまった腱鞘炎の話

まず実家にて「お食い初め」をしました。

わたし、こういう儀式はよく分からないので

母頼みにして、実家にあがりこんだんですけど

てなわけで、白飯と煮物と大根サラダとみそ汁…というメニューでした。(鯛のおかしらもなかった)

歯固めの小石も用意できなかったけど

「しわがいっぱいになるまで長生きできるように」

という意味を込めて

「ウメボシも代用可」

と書かれていたので、それを採用!

当たり前のように2セット用意して「たべるフリ」をしたのですが

そういう問題じゃないのよお母さん!

(今ならその気持ちも分からなくもない)

その数日後には100日記念の写真を撮りに。

衣装のチョイスから撮影までを一度にやると、親も子も疲れてしまうので、

別の日に選んでおいた服をあらかじめ準備してもらって、着いたら着替えて即写真撮影開始!

しかし、赤ちゃん相手の写真撮影のすさまじさ。

プロのカメラマン&アシスタントさんの渾身の呼びかけに、ただただ後ろで「笑ってくれ!」と願う私たち。

赤ちゃん撮影は時間との勝負。

疲れたりおなかが空いたりオムツだったり…で泣き出す前に

最高のショットを撮らないといけないんだろうな。

しかも我が家の場合

さらに言うと

「ドレスバージョン」と「着物バージョン」と2種撮るからさらに必死!

先に撮ったドレスバージョンはそこそこな顔をしてくれた2人でしたが

その後着物に着替えて撮った顔は

時間にすればそうも長くなかったけど、中身は濃かったです。

スタッフさんもこまめものまめもがんばった。

これが100日目の精一杯の顔だったと思う。

またまた別の日には、神社で100日記念のお参りを。

このご祈祷料金が、一番安いコースでも、こまめとのまめのミルク缶が何本買えるかしら…とつい計算してしまった私。

(ここまできて「やめよう」なんていえませんから、ちゃんとやりましたけども)

ここの神社でも家族写真を撮って(また撮った!)

100日記念のイベントを終了しました。

今思い出すと、私自身も出産後始めての大舞台だったので、必要以上に気張ってました。

この反動からか、数日はかなりダラダラさせていただきました(身だしなみ的な意味で)

ぐっちぃさんの人気記事:お母さん…ゆっくりごはんを食べられるっていいね…。とにかく大変な双子育児のスタート

著者:ぐっちぃ

年齢:30代後半

子どもの年齢:6歳の双子

新潟県在住。働く主婦。30歳で一卵性双生児「こまめ」と「のまめ」を授かりました。只今保育園年長。女子力高い2人の女子トークについていくのに精いっぱいです!お母さんがんばる!「双子を授かっちゃいましたヨ☆」というブログで妊娠~現在までのブログも描いています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

この作者の過去記事

ぐっちぃさんの

過去記事はこちら

過去の記事はこちら

関連記事リンク(外部サイト)

息子、"選び取り"で空気を読んだ!?両家勢ぞろいの初節句&1歳のお祝い by 内野こめこ
「誰が買うもの?」初節句をめぐり巻き起こる、少々面倒な『五月人形問題』
『サムライ人形、クール!』オランダでの初節句、日本から五月人形が届いた!

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP