体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

過去最多の約50社が出展! 一般参加可能なクリスマスマーケット「BATOMA CHRISTMAS」開催

生活・趣味
BATOMA10_02

2016年5月25日(水)から28日(土)までの4日間、東京・芝公園の東京タワー下にある「スターライズタワー」で、「場と間 vol.10 BATOMA CHRISTMAS」が開催されます。

2013年から毎年5月に開催されているクリスマスの合同展示会。本来はバイヤー向けのイベントで前半2日間はビジネス関係者のみの開催ですが、後半2日間は一般にも公開されています。

ラフォーレミュージアム原宿で開催された前回は、新作アイテムや合同展示会初出展ブランドの発表などが行われ、4日間で5900人もの来場者が訪れました。

▽一般公開されるクリスマス見本市、バイヤー気分で楽しめる「BATOMA CHRISTMAS」

今年はさらに規模を増し、過去最多の約50社が出展。クリスマス用のデコレーショングッズやギフト、パーティーの手土産にぴったりなグローサリーなど、オリジナリティー溢れるアイテムが並ぶほか、クリスマス気分を盛り上げてくれるフードを味わえるカフェスベースも登場します。

出展者のクオリティだけでなくこだわりの会場装飾も見どころの展示会です。アイテムのチェックはもちろん、今年のクリスマスのインテリアの参考にしてみてください。

BATOMA10_03 一昨年の会場の様子。ラフォーレミュージアム原宿で開催された会場では、NYでクリスマス時期に開催されているホリデーマーケットをイメージ。一足先にクリスマス気分を味わえます。 BATOMA10_04 出展者一例

左上:「アッシュ・ぺー・フランス」からは、インテリアファブリックや子供向け服飾雑貨を扱う「CORAL & TUSK」が展示されます。

右上:「一十八日」では、和精油とアロマを楽しむための雑貨を展示。

左下:エコバックとペイントのオリジナル作成キットを展示する「カラーワークス」。

右下:「ウエストビレッジ」はインテリア装飾品やキッチン雑貨、照明を扱います。

BATOMA10_05 左上:「ヘルモーイ」にはホームアクセサリーやクリスマスオーナメント、キャンドルが並びます。
1 2次のページ
TABROOM NEWSの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会