ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

庭に欲しい!ゆらゆら揺れる「コダマ・ゾーム」が間違いなく気持ちよさそう

DATE:
  • ガジェット通信を≫


ハンモックとデイベッドのイイとこ取りをしたような、360度ゆらゆら揺れるソファベッド「Kodama Zome(コダマ・ゾーム)」。

こんなリラックスできるポッドが、家の裏庭にあったら最高だと思いませんか?

すべての心地よさを
ひとつに凝縮

ユニークなデザインですよね。ちなみに、「Zome(ゾーム)」は、多面体(Zonohedra)とドーム(Dome)を組み合わせた造語。

「揺れ」が適度になるように設計されていて、まったり読書をするのにうってつけ。ソファ、ベッド、ハンモック、アウトドア、それぞれの快適さをすべて一度に味わえます。

子どもたちもご覧の通り、ゴーロゴロ。気持ち良さそう!

作っているのは、米・オレゴン州に住む工学エンジニアや職人たち。ブランド名でもある「Kodama(コダマ)」は、日本語の「木霊」に由来していて、健全な森をイメージしているとか。自然と一体になれるーー。そんなポッドなんです。

こんなふうにしてライトアップすれば、夜風を感じながらキャンプ気分を味わうことも。

木がなくても大丈夫!

基本的には気を使って吊るしますが、オプションの自立スタンドを使えば、このようにビーチサイドやプールでくつろぐことも可能。夢が広がりますね。

値段は1セット5,400ドル(送料別・約60万円)。フレーム類に加えて専用のマットレスやクッション、枕などがついてきます。リリースによれば、耐荷重は約300kgで、大人でも3人くらいまでなら余裕あり。

「リラックスの再定義」とも言われているコダマ・ゾーム。日本へのシッピングもできるようです。問い合わせてみては?

Licensed material used with permission by Kodama Zomes

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP