体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「最後のステージをその目に焼き付けてほしい」SEAMOが語る「TOKAI SUMMIT FINAL」への思いと真意

エンタメ
「最後のステージをその目に焼き付けてほしい」SEAMOが語る「TOKAI SUMMIT FINAL」への思いと真意

 東海地区の夏の大型野外フェスとして定着した【TOKAI SUMMIT】が、今年で10周年を迎え、【TOKAI SUMMIT FINAL -10th Anniversary-】として7月30日、31日の2日間を通して三重・ナガシマスパーランド芝生広場野外特設ステージにて開催される。先日、第4弾出演アーティストとしてファンキー加藤らの出演が発表され、話題を呼んだばかり。

 【TOKAI SUMMIT】は、2007年に「東海地区屈指の夏の大型野外フェス」をコンセプトにSEAMOが発起人となってスタートしたフェスだ。【TOKAI SUMMIT】が他フェスと異なっているところは、SEAMOの地元である東海地区出身・在住アーティスト、あるいはSEAMOと交流のある人々を中心にしながら、音楽ジャンル的にヒップホップ、R&Bをはじめとしたブラックミュージック系のアーティストに焦点を当てた部分だ。そんな個性的な【TOKAI SUMMIT】が10回目の開催となる今年、なぜFINALとうたわれているのか。その理由についてSEAMOは、「【TOKAI SUMMIT】をこの先存続させるために今までとやり方、考え方を変えるよりも、僕たちが一番いい形でやれているときに終わるのもいいのかなと思ったんです」とコメント。10周年というのはひとつの節目。そのタイミングも、決断を後押しした。「ここで10年分の集大成とともに、僕たちは最後まで自分たちのスローガンを押し通したフェスをやったんだぞというところをきっちり見せて。ひとまず“TOKAI SUMMIT”というブランドは幕を閉じることにします」と語った。

 フェスをやりだした当初は、アーティストもオーディエンスも、みんながみんな手探り状態だったために「こんなにしんどい思いをするならもう二度とやりたくないと思った」と苦笑いを浮かべながら当時のエピソードを話すSEAMO。「そこから年を重ねるごとにアーティストも育ち、お客さんがどんどん成長していってくれたのは僕たちとしてはすごく嬉しかったですね」。

 そんなお客さんたちに「ありがとう」の感謝の気持ちを込めて、FINALを飾る今回のステージは【TOKAI SUMMIT】ならではのこだわりを感じさせる素晴らしいラインナップを揃えた。その核となっているのは、「例えば、RHYMESTERが僕たちが憧れたベテラン世代だとすると、僕たちはミドル世代、僕らより下のDa-iCEはフレッシュな若手世代というように、僕の中ではその音楽の歴史を作った“3世代”の人たちを揃えたつもりです」とそのこだわりを解説。そこに【TOKAI SUMMIT】には欠かせないHOME MADE家族やnobodyknows+、ソナーポケットのような東海地区出身の有名アーティストも加わり、さらに今回はRIP SLYME、AK-69、ファンキー加藤という超ビッグアーティストも満を持して【TOKAI SUMMIT】に初参戦する。「今回は、本当にFINALに相応しい人たちが集まってくれて良かったと心から思っています」と誇らしげに語るSEAMO。

 フェス当日は「今まで僕はどこに自分が出たいというようなワガママは言ってこなかったんですけど、今年はフェスの最初と最後を僕が締めさてもらおうと思っています」と宣言。そうして「最初に僕がステージに出て“今から【TOKAI SUMMIT】のFINALが始まるよ”ということと、最後に“【TOKAI SUMMIT】の10年が幕を閉じます”ということを自分の言葉を添え、それを音楽ライブで届けて、これが最後なんだという説得力を出したいなと思っています」とフェス発起人らしい責任感ある言葉を添えた。

1 2 3次のページ
Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会