ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

今井麻美 「39歳になりますが……がんばりまーす!!」虹色に染まった誕生日前夜のツアー最終公演

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 『アイドルマスター』や『STEINS;GATE』など人気作品に出演する今井麻美の新アルバム『Words of GRACE』を引っ提げたライブツアー【今井麻美ライブツアー「Words of GRACE」】が、5月15日に品川ステラボールにて行われた東京公演をもって幕を下ろした。

 今までライブツアーで訪れたことのなかった岡山や、名古屋、浜松そして東京の4か所を廻った今回のツアーで、今井麻美は途中に生まれた新曲の作詞を手がけるなど多くの経験をしてきたという。そこで“声優として“歌い手として”活躍する今井麻美が次のフェーズへ向う大きな節目を迎えたと思わせるツアー最終公演を品川ステラボールにて開催した。

 暑い日差しが照りつけたライブ当日、入場を待つファンたちは真っ赤なライブTシャツに身を包みライブへの期待感で笑顔を浮かべていた。ライブはツアー中に名付けられた楽曲「M’sカーニバル」からスタート。楽曲にのせて会場からの「かわいい~!」というレスポンスに、照れてしまう今井麻美だが幕開けに相応しい明るい楽曲を笑顔で歌いきる。続いて「風と猫のStoria」、親友の池田めぐみが作詞を手がけた「Made in You!」。この日の会場には池田めぐみもおり、2人の濃厚な関係を綴った楽曲を歌い終わると「めぐみちゃん、ありがとう!」と叫び、会場もほっこりさせられた。

 MCでは新曲「M’s カーニバル」での“かわいい~!”レスポンスに対し「オープニングでもう思う存分に言えたと思うので、これからはもう禁断の言葉です!」とファンに告げるが、そこでまた「かわいい~!」と叫ばれ「あれ、おかしい……こんなはずじゃなかったのに・……。」とファンとの距離の近さを感じさせる。しっとり聴かせる曲「カンパネラ」「追憶の糸車」を歌唱したところで、この日参加していたダンサーによってステージ脇から大きなケーキが運びこまれた。そう、この日は5月16日に誕生日を迎える今井麻美の誕生日前日。サプライズ演出を幾度も経験してきた彼女は驚くそぶりなく、ファンやバンド・ダンサーメンバー、スタッフからの「ハッピーバースデー ミンゴス♪」(ミンゴス:今井麻美の愛称)に酔いしれていた。

 ここでライブ第一弾のコラボとして、今井麻美が参加しているゲーム作品『BLAZBLUE』の楽曲2曲を披露。豪華なバンドメンバーが揃ったこのライブでしかできないと語るように、格闘ゲーム楽曲らしいバンドの激しい演奏に乗せて高低に幅広く美しいメロディを力強く歌いあげる。この2曲をしっかり一音一音に表情をつけ歌う今井麻美に対し、あらためて歌唱力の高さはもちろん、作品に対する愛情の深さをうかがうことができた。それゆえ、今回のコラボが実現できたのだろう。また静岡放送(SBS)「しずぷろ」枠で放送されているアニメのキャラクター・絶対輪廻退夢ちゃんとのコラボ新曲「sp-RING-time」を披露。直立不動で待機するバンドメンバーたちがサビから急に踊りだすシュールな演出には、笑いが起こり今井麻美自身も「過酷タイム」と言いつつ楽しげに踊りあげた。

 そして「COLOR SANCTUARY」(2010)の伴奏がはじまり、一回目のお着替えタイムを挟んだ今井麻美が真っ赤なドレスを纏って登場。「Aroma of happiness」(2011)、「Precious Sounds~風が残していった~」(2012)、「この雲の果て」(2013)「little legacy」(2014)とリリースしてきたアルバム表題曲を立て続けに披露していく。するとここでコラボ第二弾として、「Words of GRACE~冬のダリア~」を作曲した濱田貴司が呼び込まれた。今井麻美の楽曲をいくつか手がけている濱田貴司は「5曲くらいでここだけ(2人)でライブできるよね?」と振ると「無理! だって濱田さんの曲連ちゃんキツいもん!」と今井麻美節で一蹴するが、本当にドラマや映画、舞台などの作品音楽も手がける濱田貴司の楽曲は顕著にストーリーを感じさせるメロディが特徴で、歌唱となると難易度が高い。ここでは濱田貴司がキーボードに加わって「Words of GRACE~冬のダリア~」(2016)をコラボ披露。本気で楽曲の世界に入り込んだ今井麻美は演奏が終わると共にステージへ崩れ落ちた。

 “本気で歌えばライブでファンたちにも伝わる”と後輩声優と音楽活動について話をしたという今井麻美。大好きな楽曲を生み出す濱田貴司の曲というのも相乗して、ステージで繰り広げられる本気のアクトは目の当たりにした人の心を揺さぶるものだった。その後3曲を披露し、二回目のお着替えタイムへ。その間、バンドメンバーがF1テーマソングで知られるT-SQUAREの「TRUTH」を各パートソロを加えて演奏し、会場は予想以上の盛り上がりをみせた。

 そんな中いよいよライブも終盤。「朝焼けのスターマイン」、「AQUAMARINE」の2曲で、“これまで”を振り返り“これから”も先に進みつづける自分自身を投影しているような歌唱をみせる。「この歌(AQUAMARINE)は私にとって、声優であり、歌い手であるという意味を凄く、凄く噛みしめさせてくれて。声優さんなのに歌を歌うってどういうことなんだろっていつも考えてるけど、表現者として出会って、別れて、キャラクターといろいろ繋いでいくんだなとそう思っています。」と語り、“泣きそうになっても泣かない”と声を震わせ歌い続けた。「これからどんな生き方をしていくのか、正直分かりません。素敵なキャラクターと出会えるのか、そうじゃないのか。それは……私次第かと。」曲終わりにこう語る今井麻美は「これからまた出会いや別れがあると思いますが、がんばっていきたいなと、ここに誓いたいと思います。」と“声優として”歌い手として”の心境を赤裸々に告白した。そして最後に自ら作詞をした曲「オーロラの音」で会場が虹色に染め上げられる中、計21曲を披露し3時間弱に及んだライブを締めくくった。

 いま人生の転機なのかもしれないと前向きに話していた今井麻美は今回のツアーで、たくさんの人の笑顔を生んだ事実と、また自分のこれからは自分次第なんだという納得を得たようだ。そんな彼女は、5月28日に東武動物公園で【みんぞくえん トーク&LIVE ~in 東武動物公園~】を開催。さらに7月には新曲をリリースすると発表した。今後の今井麻美にはさらなる活躍を期待したい。

取材&テキスト:古川泰佑

◎【今井麻美ライブツアー「Words of GRACE」】
2016年5月15日(日)東京公演@品川ステラボール セットリスト
01.M’sカーニバル
02.風と猫のStoria
03.Made in You!
04.カンパネラ
05.追憶の糸車
06.深蒼(『BLAZBLUE』コラボ)
07.Condemnation Wings~Cry Camellia(『BLAZBLUE』コラボ)
08.sp-RING-time(絶対輪廻退夢ちゃんとのコラボ曲)
09.COLOR SANCTUARY
10.Aroma of happiness
12.Precious Sounds~風が残していった~
13.この雲の果て
14.little legacy
15.Words of GRACE~冬のダリア~(with 濱田貴司)
16.星屑のリング
17.leap of faith
18.unknown world
19.朝焼けのスターマイン
20.AQUAMARINE
21.オーロラの音
Ending「いっしょ」

◎【みんぞくえん トーク&LIVE ~in 東武動物公園~】
5月28日(土)東武動物公園ハッピーオンステージ
(1部)OPEN 11:30 / START 12:00
内容:トーク&ライブ+抽選で50名様へ私物サイン
(2部)OPEN 15:00 / START 15:30
内容:トーク&ライブ+抽選で50名様へプリントサイン入り生写真お渡し
※1部のサイン入れる私物に関しましてはスタッフが不適切なものと判断した場合はサイン入れをお断りする可能性がございます。予めご了承下さい。
チケット:全席指定 5,500円(税込)
http://bit.ly/24UIjT8

関連記事リンク(外部サイト)

アイマス如月千早でお馴染・今井麻美 限定300人の完全招待制ライブレポート到着
村川梨衣/大坪由佳/緑川光/今井麻美/内田彩『チェインクロニクル』イベントレポ到着 キャラソンアルバム発売決定
沖縄初アニソンシンガーMICHI 世界中に武者修行の旅へ! 地元含むリリイベもスタート

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP