体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

南條愛乃×水瀬いのり ステージ初共演でコラボ曲披露! 4000人を動員した豪華声優陣出演イベント

南條愛乃×水瀬いのり ステージ初共演でコラボ曲披露! 4000人を動員した豪華声優陣出演イベント

 5月15日に、Wii U向けゲームソフト『幻影異聞録♯FE』の世界観をそのまま再現したリアルイベント【幻影異聞録♯FE PREMIUM LIVE ~エンタキングダム~】が、東京・中野サンプラザにて開催された。

その他 イベント写真 多数

 公演は昼夜の2回行われ、合計で約4000人を動員。ゲームのキャラクターを演じた豪華声優陣がステージに集結し、トークやゲーム、コンサートでファンを盛り上げた。『幻影異聞録♯FE』は、『真・女神転生』や『ペルソナ』シリーズなどで知られるアトラスと任天堂の『ファイアーエムブレム』がコラボレーションしたRPG。現代の東京を舞台に、芸能界で活躍することを夢見る若者たちが、ファイアーエムブレムがモチーフの英雄たちと共闘し、異世界の侵略者・ミラージュから世界を守る物語だ。ゲーム中にはエイベックスが監修した数多くの楽曲が登場し、イベントシーンやバトルなどを華やかに彩っている。

 イベントには開演前からたくさんのファンが列を作り、グッズもほとんどが開場前に売り切れてしまうなど、大盛況となっていた。そんな中、会場では人気キャラクターのバリィと舞子を演じる声優・中村悠一と小清水亜美が影アナで登場。開演前から会場内が一気に盛り上がりを見せた後、ゲームのムービーがスクリーンに映し出され、イベントがスタートした。

 まずオープニングを飾ったのは、ゲームに出演している木村良平(蒼井樹役)、水瀬いのり(織部つばさ役)、小野友樹(赤城斗馬役)、南條愛乃(黒乃霧亜役)、福原香織(源まもり役)、諸星すみれ(チキ役)の6人による「ファイアーエムブレム~光の戯曲~」。ファイアーエムブレムのメインテーマをアレンジした本楽曲は、ゲームラストに使われており、会場のファンからは大きな歓声が上がった。

 続いてイベントのMCを務める中村悠一と小清水亜美も登場し、ここからはトークとゲームの企画へ。「自分のキャラを一言で表すと?」などゲームにまつわる質問が飛び出し、出演者からユニークな回答が飛び出すたびに、会場からは笑いが起きていた。また、サプライズとして本作の大ファンであるというハライチの岩井と、Emotional KEYのボーカルとしてゲームにも登場する声優・奈波果林が、会場のいろいろな場所から中継で参加。MCの2人との掛け合いに会場は何度も爆笑に包まれていた。

 イベント中盤では出演者全員による朗読劇が行われ、ゲームの中でも印象的なシーンとなる「食レポ」をテーマにしたオリジナルの朗読劇では、声優としての本領を発揮した全力の演技が炸裂。予想を超えた展開に会場も大盛り上がりとなった。

 後半はいよいよライブパートへ。まずはゲームのメインテーマである「Reincarnation」を、Kiriaを演じた南條愛乃が歌い、スクリーンにはゲームで同楽曲が流れる際のアニメムービーが上映。しかもムービー中のKiriaとまったく同じ振付で熱唱する。そして「迷路」も披露し、ゲームとシンクロするかのようなライブパフォーマンスで観客を魅了していた。

 その後も、次々に豪華声優陣がステージに登場。水瀬いのりは「Feel」「友達以上、恋人未満。」「Fly~君という風~」の3曲を披露。どれも『幻影異聞録♯FE』ファンならゲーム中で耳にしている楽曲ばかりとあって、会場も大盛り上がり。曲調も歌謡曲からダンス・ミュージックまで幅広く、『幻影異聞録♯FE』の楽曲ラインナップの多彩さをあらためて感じるセットリストとなっていた。また「雨音のメモリー」を歌う福原香織は客席から登場し、ステージまで歌いながら歩くというサプライズ演出で登場し、ファンを楽しませていた。

 諸星すみれの「幻じゃない世界」、小野友樹の「ジャンプ!風牙!!!」と続いた後は、南條愛乃が再び登場し、水瀬いのりとのコラボ曲「Give me!!」へ。この2人が同じ楽曲、同じステージで共演するのは実はこれが初ということで、めったに見られない貴重なライブとなった。

 ラストは木村良平のステージで銀テープが飛び出すと、それをきっかけに他の出演者陣も登場して、ゲームのエンディング曲「Smile Smile」を全員で熱唱。観客もペンライトや手を大きく振って、会場内はこの日最高の一体感に包まれた。エンディングでは中村悠一から続編に期待するコメントも。最後まで熱気が冷めないまま、昼公演は幕を下ろした。

文:山田井ユウキ
写真:田中聖太郎

1 2次のページ
Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。