体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

老化の大敵は冷え!冷えを解消するために夏こそ心がけたいこととは?

老化の大敵は冷え!冷えを解消するために夏こそ心がけたいこととは?
夏になると暑さのため、身体の冷えを見逃しがち。しかし、夏は汗をかいたり、冷房の影響で身体が冷えていることが多々あります。それに気が付かず、冷えを放置しておくと、代謝が落ちる、血行不良をまねくなどしてエイジングサインを加速させることに繋がります。そう、冷えは老化の大敵なのです!そこで、今回は老化の大敵である冷えへの対策をご紹介します。

気づいていないだけかも!?あなたの冷え度をチェック!

暖かい季節になると、身体の冷えを見逃している場合があります。まずは、あなたの冷え度をチェックしましょう。以下の項目にいくつあてはまるか、チェックしてみてください。

□舌が白い舌苔(ぜったい)になっている
□湯船に浸かって汗をかくまでに10分以上かかる
□運動はほとんどしない
□肌のくすみが気になる
□身体に触れると冷たく感じる部分が多い
□便秘がちである
□風邪をひきやすい
□胃腸が弱い
□頭痛や肩こり、腰痛に悩んでいる
□生理痛がひどい、生理不順

思い当たる項目が複数なら、冷え性の可能性が高いでしょう。

冷え性のイメージ

【冷え対策No.1 毎日入浴する】

夏は、暑さのために湯船に浸かるのが億劫になりがち。しかし、毎日シャワーで済ませていると、身体を芯から温めることができないため冷えをまねくことに。そこで、できるだけ毎日湯船に浸かることが大切です。冷えを解消するのに効果的な入浴法は下記の通りです。

1. 半身浴
湯船に胸の下あたりまで浸かります。この時お湯の温度は40度前後(ぬるいと感じる程度の温度)を目安に、20分以上入浴しましょう。無理はせず、汗をかくために水分補給も忘れずに行うことが大切です。

半身浴のイメージ
2. 温冷浴
冷たい水と熱めのお湯に交互に入る温冷浴も、冷え対策におすすめです。41度前後の少し熱めのお湯に体が温まるまで入浴します。次に水風呂に1、2分入るか、冷たいシャワーを30秒から1分程度浴びます。これを繰り返すのですが、冷→温→冷→温→冷→温→冷と7回繰り返すのが効果的なようです。水分をしっかりと補給し、無理のない範囲で行いましょう。

このほか、入浴する際は湯船に身体を温める効果のある塩(バスソルトを含む)や日本酒を入れるのもおすすめです。

バスソルトのイメージ
天然の塩を入れる場合は大さじ1杯を目安にし、好きな香りの精油を4、5滴程度混ぜて使用すると精油の効能も同時に得ることができますよ。また、日本酒を入れる場合は、5合(0.9リットル)を目安にご自分の体調と合わせて調整しましょう。

いずれの場合もよく混ぜて入浴してください。日本酒風呂は、皮膚病、ぜんそく、リューマチ、糖尿病、高血圧、心臓疾患などの持病を持つ方は刺激を感じる場合があるため、ご自分の体調などとご相談の上まずは少量から始めるか、医師に相談のうえ行ってください。また、お子さんの入浴時の使用もお控えください。

【冷え対策No.2 身体を冷やす食品は摂りすぎない】

冷たい食品はもちろん、夏野菜、コーヒーなどの熱い地域で採れた食品は身体を冷やす作用があります。摂りすぎないよう注意し、摂取する場合は加熱調理をするなど工夫しましょう。

コーヒーのイメージ

【冷え対策No.3 身体を締め付ける下着や洋服を身に着けない】

身体を締め付けるような下着や洋服は血行不良をまねき、冷えの原因に。できるだけ身に着けないようにしましょう。

1 2次のページ
生活・趣味
美LAB.の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。