体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

怪しいけどチョー美味しいレストラン『元祖 日の丸軒』に行こう!

ガジェ通 生活・趣味

『元祖 日の丸軒』をご存知だろうか? 新代田駅(東京)から程近い場所にある、自称・中級ユーラシアン料理のレストランである。ユーラシアン料理? 首をかしげてしまった人もいることだろう。明確には、ユーラシアン料理なるものは存在しない。なんでも、『元祖 日の丸軒』ではユーラシア大陸にある料理をユーラシアン料理というらしく、中華もステーキもカレーもユーラシアン料理ということになる。

この店が単なるレストランならば、何も記事にすることはない。記事にするからには、それなりの理由がある。その理由とは、とにかくあらゆる意味で、怪しいレストランなのである。それでは、この店の怪しさをいくつか紹介していこう。

・店主の名前がペペ・アンドレ
失礼だが、まるでマッドサイエンティストのようにカッコイイ(?)風貌の店主は、どう見ても日本人であり、100歩譲ってもアジア人である。そんな店主は客たちからペペ・アンドレと呼ばれており、店主も自分をペペ・アンドレであることを認めている。ペペ・アンドレって……。

・店主が一人でやっている
店主のアンドレさんが、調理、オーダー、料理運び、会計のすべてをやっている。たまにバイトもいるようだが、いないときはいつもひとりですべてをやっている。そのため、普通はオーダーをするときに鈴を鳴らすとアンドレさんがやってくるのだが、調理中は鈴を鳴らしても(遠い)厨房から「ファーーーイ! ナンデスカァァーーー!」と注文を聞いてくる。厨房が遠くにあるテーブルもあるため、アンドレさんに聞こえるように大声で注文しないとならない。

・予約の電話が怪しい
予約のために電話をすると、アンドレさんが電話に出る。「21時に行こうと思うのですが、空いていますか?」と聞くと「いつでもいいですよ。21時でも、21時前でも、21時過ぎでも、どうぞごゆっくり、お好きなお時間にお越しくださって、好きな料理、好きなコース、好きなお酒、な~んでもご自由にどうぞ~」と、あまり予約の意味がないような返答がくる。しかし、予約ナシでお店に行くとアンドレさんが忙しさのあまり混乱のような状態になったり、数十分待たされることになるので予約してから行く必要がある。

・客と会話が噛み合わない
料理に対して「美味しかったです」とアンドレさんに言うと「……そうですよそりゃ」とムッとされることがある。しかし、「美味しかった?」と聞いてくることもあり、そのときに「美味しかった」と言うと「よかったワァ~♪」と満面の笑みを浮かべることもある。また、「どこかで料理の勉強をしたんですか?」と聞くと「あはは、そんなことは二人でやってください」と、意味不明の返答がかえってくる。さらに、オススメ料理を聞いてもなかなか教えてくれないこともあり、なかなか攻略が難しいアンドレさんである。

1 2 3 4次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会