ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

デヴィッド・ボウイ追悼バレエ公演が計画、ロックオペラ形式に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 米デトロイトにあるMusic Hall Center for the Performing Artsが、故デヴィッド・ボウイに対するトリビュートの一環としてバレエ公演の製作依頼をしていることが明らかになった。

 同バレエ公演は6月18日に初演が予定されている。主催者側の話によると、バレエ・カンパニー“Complexions Contemporary Ballet”がボウイ作品を解釈したものを演じるといい、その夜はヘヴィ・メタル・バンドのメタリカも一緒だという。

 今年1月に69歳で亡くなったボウイ。Music Hallいわく、同舞台ではボウイの数十年間のヒット曲を取り上げ、ロックオペラ形式の作品を作るとしている。

 なお、同じミシガン州ではこれまでにも他のボウイ・トリビュートが発表されている。デトロイト交響楽団が7月10日、デトロイト郊外にあるMeadow Brook円形劇場で『The Music of David Bowie』と題したイベントを計画しているほか、グランド・ラピッズ交響楽団は8月2日にCannonsburg Ski Areaでのトリビュート公演を予定している。

関連記事リンク(外部サイト)

写真と公式グッズでデヴィッド・ボウイの軌跡を垣間見る追悼イベント開催
レディー・ガガ、グラミー授賞式でデヴィッド・ボウイの追悼パフォーマンス決定
デヴィッド・ボウイの遺言明らかに。バリ島に散灰を希望&遺産1億ドルの行方

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP