ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

総重量1kg以上の「肉盛り」に圧倒!!熟成牛ステーキ専門店「ゴッチーズビーフ」の新メニューがスゴイ!

DATE:
  • ガジェット通信を≫


話題の熟成牛をミドルプライスで楽しめると人気の「Gottie’s BEEF(ゴッチーズビーフ)」が、今月より新グランドメニューをスタート。全国13店舗で順次展開中だ。4年に一度の29の日(2月29日)限定メニューとして話題となった、あのスゴイメニューもお目見えする。

総重量1kgオーバー!思わず目を疑ってしまうような肉盛り「NICK VILLAGE(ニックビレッジ)は、全12種の肉を盛り込んだビッグなプレート。

同店定番の熟成牛ステーキをはじめ、鹿児島産ブランド豚「茶美豚」を使用した自家製極太ソーセージやスパイシーなタンドリーチキンなど、牛・豚・鶏を一度に堪能することができる。見た目も豪華で、テーブルに運ばれてきたときの歓声が聞こえてきそう!ぜひ、仲間とシェアしてワイワイ楽しみたい。


「斧」に由来した、豪快なフォルムの骨付き塊肉「トマホークステーキ」は、アメリカ・シカゴ産の上質なブラックアンガス牛にドライエイジングを施した骨付きリブロースを使用。じっくりと丁寧に焼き上げ、肉の旨みを最大限に引き出すミディアムレアの状態に仕上げてある。ひと口食べれば、その驚きの柔らかさと旨みに感激すること間違いなし?!

またランチメニューも一新!本格的な熟成牛ステーキを手軽に楽しめると、行列ができるほどの人気を博したメニューが、なんとさらに美味しくおトクに!


20色限定の「熟成牛サービスステーキランチ」(税抜1000円)と「熟成牛ハンバーグランチ」(税抜820円)は、それぞれ200gとボリュームたっぷり。さらにガッツリ食べたい人は、自家製の極太ソーセージ(税抜280円+税)とのコンボもおススメ。

他に、牛スジをじっくり煮込んだ特製のデミグラスソースたっぷりの「ビフカツ」や「タンドリーチキン」「ポークジンジャーソテー」など、洋食の定番もズラリ。まずはランチから、「ゴッチーズビーフ」の魅力を感じてみるのも良いかも。

暑い夏に向けて、肉パワーで元気をチャージ!ぜひ一度足を運んでみてはいかが?

熟成牛ステーキ専門店「Gottie’s BEEF(ゴッチーズビーフ)」(http://gotties-beef.com

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP