ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Anker Japan、コンセントやシガーソケット付きの434Wh大容量モバイルバッテリー「PowerHouse」の国内発売を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Anker Japan は 5 月 23 日、スマートフォンやタブレットのバッテリーを充電するだけではなく、家電製品にも給電することのできる大容量モバイルバッテリー「Anker PowerHouse」の国内発売を発表しました。発売日は 6 月 6 日頃で、価格は 50,000 円です。Anker PowerHouse は、12V シガーソケット、AC コンセント、4 つの USB ポートを備えたモバイルバッテリーで、キャンプや災害時のバックアップ電源としても活用できます。筐体内部には 14.4V / 434Wh のリチウムイオンバッテリーを内蔵しており、シガーソケット(DC)は 12V / 10A 出力、コンセント(AC プラグ)は 110V / 1.29A の出力に対応。USB ポートは各 5V / 2.4A(トータル 6A)の出力です。また、本体には電圧や温度を管理するバッテリーマネージメントシステム(BMS)を搭載しており、長期間安全に使用することができます。バッテリー容量から換算した充電回数・給電時間の目安は、スマートフォンが 40 回、ノート PC が 15 回、キャンピングライトが 100 時間、ミニ冷蔵庫が 7 時間、テレビが 4 時間です。筐体サイズは 200 × 145 × 65mm、質量は 4.3kg となっています。Source : Amaozn

■関連記事
Sony Mobile、Lifelogアプリのチャレンジ機能を国内でも提供開始
Samsung、Galaxy A9 Proのグローバルモデル「SM-A910F」を開発中
エレス、ストラップ付きでスマートフォンと一緒に持ち運べる小型Bluetoothスピーカー「Crystal Q」を発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP