ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

岡本夏生「警官と2時間10分口論」の火種は何? 本人直撃

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 4月にトークイベントで共演したお笑いタレント・ふかわりょう(41)との“大喧嘩”がきっかけで昼の情報番組で「テレビ引退」を宣言し、しばらくメディアから姿を消していた岡本夏生(50)。彼女が、警察官を相手に騒動を起こして話題になっている。

 5月17日に投稿された岡本のブログでは、彼女がクレジットカードを拾って交番に届けに行ったところ、“思わぬ事件”が勃発し、警官と2時間10分にわたる口論を繰り広げたことが明かされている。

 最終的には警官が謝罪し、岡本の“勝利”で幕を閉じたようだが、口論の理由については、〈事の経緯が、あまりにも、長くて 今は、チカラ尽きて ブログでは、書ききれない〉としている。

 戦いの火種は何だったのか。本人を直撃すると、まだ燻り続ける「怒りの声」が返ってきた。

「言われるままに届け出用紙に住所・氏名・電話番号を書いた後に『これ、どうするんですか?』って聞いたら、『書いてくれたことを先方に伝えます』って言うんです。怖いじゃないですか、相手はどんな人か分からないわけだし。『じゃあ自宅の住所とか削ってください』って言ったら、『情報は伝えませんけど、この書類は書き換えできません』って言われて。

 最初にそう言ってくれたら、そんなもの書きませんよ。それで書類を黒塗りして、向こうの謝罪を得るまで2時間10分かかったのよ。もう怒鳴り合いですよ。吠えすぎて、最後にはお互い声がかすれました。最終的には私の執念深さが勝ったんです。こういうことって私みたいな人以外は泣き寝入りでしょうね。でも2時間10分ですよ。私もブレイクしていた時は、2時間で100万円のギャラもあったんだから……」

 持論をまくし立てること1時間40分。岡本に対応した警官の気持ちが少し分かった気がした。

※週刊ポスト2016年6月3日号

【関連記事】
岡本夏生の年齢サバ読み 「自ら積極的に提案した」と関係者
Hey!Say!JUMP岡本圭人 父・岡本健一の支援もあり上智合格
米倉涼子宅に岡本健一お泊り 13時間後2人で愛車でお出かけ

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。