体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

マツダ ロードスターによる「打倒英国旧車」への挑戦!

▲写真は1970年代製の英国製ライトウェイトスポーツ「MGB」。このシブさを96年式のマツダ ロードスターで凌駕してみようと考えた筆者だったが……

▲写真は1970年代製の英国製ライトウェイトスポーツ「MGB」。このシブさを96年式のマツダ ロードスターで凌駕してみようと考えた筆者だったが……

英国旧車がステキなのは当然。それゆえ「当然じゃない行動」に出てみたが

いきなり私事で恐縮だが、筆者は今年2月に初代マツダ(ユーノス)ロードスターを購入し、そのレストアというかカスタム作業に日々励んでいる。作業のテーマは「打倒英国旧車」だ。

最初は英国旧車そのもの、つまり70年代か80年代のMGBまたはMG ミジェットを買ってシブく乗りこなそうと思っていた。しかし寸前になって「やっぱりそれじゃ面白くない!」と思うに至り、急きょ初代ロードスターに変更したのだ。

英国製ライトウェイトスポーツにおける中心的存在の一つであるMGBやMG ミジェットは、当然ながらステキな車だ。たたずまいがステキであり、内外装デザインがステキであり、「ライトウェイト」と呼ばれるタイプですら比較的重量級になってしまった現代の車では感じることのできないヒラヒラ感あふれる走りがステキだ。

さらに言えば、同種の英国製ライトウェイトスポーツであるロータス エランやオースチン ヒーレー スプライトなどと比べれば格段に安いというステキさもある。MGBやミジェットであれば相場120万~250万円といったところだが、ヒーレー スプライトはおおむね300万円超となり、エランに至っては天文学的な(?)数字になってしまう。正直、筆者にはちょっと無理である。

で、そんなステキなMGBまたはMG ミジェットを買えばステキな毎日になるのは、ある意味当然の帰結だ(わたしというドライバー自身がステキになれるかどうかはさておき)。そして「そんな当然のことを今さらやっても面白くないよね」と、筆者は不遜にも思ったのである。

それは、例えてみれば野球なりサッカーなりの金満球団が金にあかせて世界中から超絶スター選手多数を獲得して「銀河系軍団」を作り、リーグ優勝を果たすようなものだ。そりゃ優勝するだろうし、そのチームのファンは嬉しいのだろうが、傍から見ている者はちっとも嬉しくない。第一エキサイティングじゃない。

人をエキサイトさせるのはいつだって(古い例えで恐縮だが)映画“がんばれ!ベアーズ”のように、弱き者が強き者を向こうに回して悪戦苦闘し、そして最終的に勝利する……という筋書きだ。そういったある意味痛快な人生を送りたいと常々思っていたはずの自分なのに、いつのまにか軽度の「銀河系軍団志向」になっている……ということにハタと気づき、わたしはカーセンサーnetにおけるMGBやMG ミジェットの検索履歴をすべて削除した。

▲こちらは英国MGのMG-B。1962年から1980年まで、全世界で52万台以上が製造・販売された2ドア・オープンカーの代名詞。初代マツダ ロードスターもこのMGBを意識して開発された

▲こちらは英国MGのMGB。1962年から1980年まで、全世界で52万台以上が製造・販売された2ドア・オープンカーの代名詞。初代マツダ ロードスターもこのMGBを意識して開発された

▲こちらはより小ぶりなMG ミジェット。1961年から1979年まで生産された小型2シーターオープンスポーツカーで、カニ目ことオースチン ヒーレー スプライトの兄弟車にあたる

▲こちらはより小ぶりなMG ミジェット。1961年から1979年まで生産された小型2シーターオープンスポーツカーで、カニ目ことオースチン ヒーレー スプライトの兄弟車にあたる

たかが30年選手では「半世紀前の味わい」にはかなわない?

そして選んだのが、冒頭のとおりの96年式マツダ ロードスターである。

1 2次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。