ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

これじゃあキレイになれない! 絶対NGなダイエット法

DATE:
  • ガジェット通信を≫

美しくなるために頑張ってダイエット! でもそのダイエット法は間違っていませんか? 間違ったダイエットは、たとえ痩せたとしてもリバウンドしてしまったり、栄養失調になったり、逆に太りやすくなってしまうことも。NGなダイエット法とは?

極端なカロリー制限は確実にリバウンドする

ダイエットといえばカロリー制限が思いつきますが、健康的に生活するうえで必要なカロリーというのも決まっています。毎日のように外食や飲み会がある、ファストフードが多い、お菓子などの間食が多いなど、明らかなカロリーオーバーは制限するべきですが、極端にカロリーを控えた食生活で痩せられたとしても「ホメオスタシス機能」によってほぼ確実にリバウンドします。リンゴだけ、バナナだけ、豆腐だけなどの単品ダイエットも同じ。一時痩せたとしてもリバウンドし、さらには痩せにくい体質になってしまうのです。それはなぜでしょうか。

ダイエットの罠「停滞期」を理解

ダイエットを始めると、順調に体重が減る時期と体重の減少が停滞する時期が訪れます。「停滞期」などともいわれますが、これは人間の生命維持のために備わっている「ホメオスタシス」という恒常性機能と関係があります。本来人間の体は健康で安定した状態を維持するようにできています。通常時の健康な状態を体が記憶していて、何かしらの変化が起きると元の状態へ戻そうとする機能なのです。極端に食事量を減らしたり、単品ダイエットで栄養が偏ってホメオスタシス機能が危機を感じると、逆に摂取した食物からできるだけ多くの栄養分を体内に蓄積しようとするため、基礎代謝でのカロリー消費を抑えるようになります。その結果、ダイエットの停滞どころか痩せにくい体になってしまうこともあるのです。そのため一気に体重を減らそうとせずじわじわと減らしていくほうが停滞期が起こりにくいのです。

理解せずにすると危険な糖質制限

芸能人やセレブたちに流行った糖質制限。ダイエットジムなどでも行われている方法です。糖質制限でNGとされる炭水化物は人間の大きなエネルギー源でもあるため、極端に減らしてしまうと疲れやすくなったり体調を崩してしまいます。主食を制限するということは、それだけ反動も大きくリバウンドもしやすいといえます。そもそも糖質制限や低GIによるダイエットは、糖尿病や肥満症の患者向けに病院で指導していたダイエット法。糖質を制限した分、別の栄養素でエネルギーを補えるよう、栄養士の管理が必要なのです。

芸能人やセレブは専属のトレーナーや栄養士が管理してくれるので短期でも効果を出せますが、個人では限界があります。どんなダイエット法も正しい方法を理解したうえで、無理のない計画をたてて実行するのがキレイになれる秘訣です。

writer:しゃけごはん

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP