ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

カフェ・夕日・温泉!淡路島のALL絶景ドライブ♪【関西】

DATE:
  • ガジェット通信を≫

今週末のおでかけはどうしようかな?と考えている方は必見!今回は、「カフェ」「夕日」「温泉」淡路島のすべてを堪能できちゃう絶景ドライブルートをご紹介。

まず淡路島についたら旬の生しらす丼を味わいましょう。東岸から西岸へとぐるり、刻々と変わる海を眺めて充実した1日になること間違いなし♪

旅の締めくくりは、高台から明石海峡大橋を一望できる、絶景の露天風呂へ♪

爽やかな海風を感じながら、心もお腹も満たしてくれる淡路島のおすすめルートを巡りませんか?

<淡路サンセットライン オススメルート>

12:30 お食事処 浜ちどり

↓車で45分

15:00 淡路サンセットライン&Café Marukou

↓車で30分

18:00 緑の道しるべ・江崎公園

↓車で5分

19:00 美湯 松帆の郷

お食事処 浜ちどり

4月21日解禁!淡路島の生しらす丼を堪能。

生しらすはプチッと弾けるぷりぷり食感

岩屋ポートにある明石海峡大橋一望の絶景食堂。生しらす丼は淡路島産のとろ~り卵と金ゴマ、大根おろし、大葉入りで風味爽やか。 お食事処 浜ちどり

TEL/0799-72-2556

住所/兵庫県淡路市岩屋925-27 岩屋ポートビル2階

営業時間/11時~20時15分

定休日/火(祝日の場合は営業)

料金/島の生しらす丼800円

アクセス/車:神戸淡路鳴門道淡路ICより3分

駐車場/2台

Café Marukou

ずっと眺めていたい海景色。まるで窓一面が絵画のよう。

晴れた日は小豆島も見える

珈琲ゼリーなどもセット

共に元小学校教師というご夫婦の笑顔とおもてなしに心和む

全席から海が望めるカフェ。島の美味しいものと非日常を味わって貰いたいと4年前にオープン。奥様が作るシフォンケーキが人気。 Café Marukou(カフェ マルコウ)

TEL/0799-70-1671

住所/兵庫県淡路市郡家1168-2

営業時間/7時30分~18時30分(LO17時30分)※季節変動あり、ランチ11時~14時

定休日/木、第3金(8月は除く)※祝日は営業

料金/シフォンケーキセット850円

アクセス/車:神戸淡路鳴門道北淡ICより10分

駐車場/15台

淡路サンセットライン

走りながら夕日を眺められる恍惚ルート。

道中に点在する公園や港で眺めても

淡路島の西岸を走る県道31号線は車窓から夕日が楽しめる絶好のドライブロード。「日本の夕陽百選」に認定された慶野松原のほか、「緑の道しるべ」公園も随所にあり、ゆっくり夕日観賞できる。 淡路サンセットライン

TEL/0799-26-3227(淡路県民局洲本土木事務所)

住所/兵庫県南あわじ市松帆西路~淡路市野島蟇浦(県道31号線)

緑の道しるべ・江崎公園

灯台モニュメントが映える夕日の撮影スポット。

5月1日の日没は18時46分。水平線近くに雲があると夕日が隠れるので早めに到着を

5月はほぼ真正面の海に夕日が沈みゆく

江崎灯台の麓にある小さな公園。灯台モニュメントとヤシの木が夕景のシルエットとなり幻想的。実は明石海峡大橋も見える穴場! 緑の道しるべ・江崎公園

TEL/0799-26-3227(淡路県民局洲本土木事務所)

住所/兵庫県淡路市野島江崎

営業時間・定休日・料金/散策自由

アクセス/車:神戸淡路鳴門道淡路ICより6分

駐車場/15台

美湯 松帆の郷

明石海峡大橋を見渡す絶景のロマンチック露天。

橋がライトアップされて幻想的

高台から明石海峡大橋を一望できる壮大なロケーション。和風と洋風風呂が定期的に男女入替制で、湯は体の芯から温まるラドン泉。 美湯 松帆の郷(びゅー まつほのさと)

TEL/0799-73-2333

住所/兵庫県淡路市岩屋3570-77

営業時間/11時~22時(21時までに入館)

定休日/第1木(1・4・5・8月は無休)

料金/入浴料中学生以上700円、4歳~小学生400円

アクセス/車:神戸淡路鳴門道淡路ICより5分

駐車場/64台

「美湯 松帆の郷」の詳細はこちら

※この記事は2016年4月時点での情報です

関連記事リンク(外部サイト)

風情たっぷり♪広島・岡山・山口のおすすめ蛍名所8選【中国】
【岡山】自然&古墳をめぐろう♪吉備路のおすすめサイクリングコース
【保存版/編集部セレクト】夏の沖縄で行ってみたい観光スポットランキングTOP50!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP