ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Shiggy Jr. 音楽×アートのイベントでトリに登場、盟友の門出を祝福したハッピーでポップなステージ!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 音楽とアートのコラボレーションをテーマに、元ふぇのたすのMICOとデザインオフィス“れもんらいふ”代表の千原徹也が企画したスペシャルライブイベント【TOKYO MUSIC vol.1】が5月16日渋谷・WWWにて開催され、イベントのトリをShiggy Jr.が務めた。

 トップバッターのSaku、MICOの再始動となるソロプロジェクトSHE IS SUMMER、吉澤嘉代子がそれぞれステージを盛り上げ会場は終始満員。Shiggy Jr.の出番前に映し出されたモニターでは、千原と“仲介役”のMICOを交えた対談が行われており、森夏彦(Ba.)とMICOが仲良くなったことをきっかけに2組の交流が深まったことや、千原がShiggy Jr.の出演をテレビで観てから好印象を持っていた事などが語られた。

 モニターが消え、ジャクソン5の「I Want You Back」に合わせて原田茂幸(Gt)、森夏彦(Ba)、諸石和馬(Dr)とサポートのGeorge(key)が登場。続けて池田智子(vo)が登場し「みんなで楽しんでいきましょうーー!!」と呼びかけ「サマータイムラブ」「day trip」でクラップも煽りながら、一気に会場のボルテージを上げる。MCでは、池田がSHE IS SUMMERの初ライブである今回のイベントでMICOから“年功序列”でトリを任されたことを明かし、森が「名前が夏彦なんでやってみたいことあります!」と、「シーイズサマー!」「アイアムサマー!」の個性的なコール&レスポンスで観客の笑いを誘った。諸石の掛け声で「oyasumi」が演奏されると、会場が一体となり拳を突き上げこの日の出演者が女性ばかりの中で男気溢れる一幕も。

 その後「Keep on raining」をしっとりと歌い上げると、「LISTEN TO THE MUSIC」「Saturday night to Sunday Morning」で最高潮の盛り上がりの中SHE IS SUMMERの門出となるイベントを締めくくった。突き抜けた明るさを持つ彼らのパフォーマンスは、オーディエンスを自身たちのペースにあっという間に引き込みその熱を終わりまで決して下げない。だからこそ、会場の空気は全力の楽しさに終始包まれるのだ。

 なお、Shiggy Jr.は初の対バンツアー【Shiggy Jr.presents“対バン”スかこれ。 vol.1】を控えており、同ツアーには藤井隆とNegiccoの出演が決定している。“ポップ”なShiggy Jr.のライブを是非、全身で感じて頂きたい。

text:神人 未稀

◎イベント概要 【TOKYO MUSIC vol.1】
2016年5月16日(月) @渋谷WWW
MC:千原徹也
出演:Saku、SHE IS SUMMER 、Shiggy Jr.、吉澤嘉代子

◎ツアー情報
【Shiggy Jr. presents“対バン”スかこれ。 vol.1】
2016年6月5日(日)@福岡県 DRUM Be-1
出演:Shiggy Jr. / Wienners
2016年6月17日(金)@愛知県 ElectricLadyLand
出演:Shiggy Jr. / 東京カランコロン
2016年6月26日(日)@大阪府 梅田CLUB QUATTRO
出演:Shiggy Jr. / 藤井隆
2016年6月29日(水)@東京都 LIQUIDROOM
出演:Shiggy Jr. / Negicco

◎リリース情報
『恋したらベイベー -EP』
2016/05/25 RELEASE
通常盤 UMCK-5598 1.200円(tax out)
初回盤A(CD+DVD) UMCK-9835 1,833円(tax out)
初回盤B(CD+DVD) UMCK-9836 1,600円(tax out)
CD収録曲:01. 恋したらベイベー 02. Still Love You 03. key of life 04. TOWN

関連記事リンク(外部サイト)

Shiggy Jr.初の全国対バンツアーに藤井隆、Negiccoの参加が決定
Shiggy Jr.、WEGO限定コラボTシャツ販売 トークイベントでメンバーと撮影も
Shiggy Jr.の森がまさかのビルボードライブスタッフに!?やついいちろうもトークゲストで登場した【LIVE FREELY SPECIAL vol.2】大団円で終了

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP