ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

こち亀10年ぶり舞台化! 炎をバックにした意味深キービジュアル解禁

DATE:
  • ガジェット通信を≫

秋本治さんの漫画『こちら葛飾区亀有公園前派出所』(集英社・週刊少年ジャンプ)が連載40周年を迎える今秋、10年ぶりとなる舞台版作品の上演が決定しました。
脚本・演出、そして、両津勘吉役はもちろんラサール石井さん。

東京 AiiA 2.5 Theater Tokyoにて2016年9月9日(金)~19日(月・祝)、大阪 サンケイブリーゼ にて9月23日(金)~25日(日)の日程で上演されます。

【関連:漫画に登場する架空の企業】

舞台化決定の発表と同時に、両さんが炎をバックにしたキービジュアルも解禁されています。石井さんのコメントによると、アクション映画・ハリウッド映画をイメージしたパロディ感あふれるものになっているそうです。また、「後ろの炎は実は作品 とも関係があり、ストーリーにも絡んでいて、あながち、ただマネしているわけでは ないのです」とのこと。

10年ぶりに復活する舞台版両さん。今度は一体何をやらかすのか?期待して続報を待ちましょう。

(C)秋本治・アトリエびーだま/集英社  
(C)舞台版「こちら葛飾区亀有公園前派出所」製作委員会2016

カテゴリー : エンタメ タグ :
おたくま経済新聞の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP