体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

子どもが楽しみながらプログラミングを学べるウェアラブルツール「Mover Kit」は値段も手頃

デジタル・IT
moverkit_1幼少時からのプログラミング教育が、世界的規模で推進されていることは、以前にもお伝えした。プログラマー人口増加に向けて、各国でさまざまな取り組みがなされていることも、周知の事実だ。

なにしろ、相手は子ども。テキストを広げ、ただつらつらとコードを説明するだけでは、だめだ。いかに飽きさせず、確実に技術を取得させるかが、今後の大きな課題となるだろう。

・組み立てながらプログラミングの基礎を学ぶ

moverkit_2その点、イギリスから登場した「Mover Kit」はユニークだ。キットを組み立てる過程でプログラミングを学べる上、完成したら遊びにも使える一石二鳥のツール。Kickstarterで完売続出の人気プロダクトである。

キットにどのような性質を持たせるかは、子どもたち次第。どんな風に遊びたいかによって、作品の仕上がりは大きく変わってくる。

セット内容は、メインのボード、ケース、ランヤード、スナップバンドにUSBケーブル。ボードには、デバイスの脳となるマイクロコントローラーを筆頭に、点滅用のライト、モーションセンサー、コンパス、マイクロUSB、バッテリーコネクター、リチャージャブルバッテリーを装備。これらをうまくつなぐことで、パーソナルユースのウェアラブルデバイスが完成する。

・完成品したら自由に遊べる!

moverkit_3大好きなヒーローごっごのときに、装着してライトを点滅させたり、モーションセンサーを使って、縄跳びに成功したら灯りが点くようにしたりと、自由自在。遊びが目的だから俄然やる気になるし、プランニングを練るところから始まるので、理論構築の鍛錬にもなる。

ロボットやコンピューターボードなど、いろいろな教育ツールが出ているが、初めてプログラミングに触れるなら、これくらいハードルが低い方がいいかもしれない。

プロジェクト公開は、6月10日まで。製品支援は、55ドル(約6,060円)から受け付けている。

Mover Kit/Kickstarter

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会