ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

大切なことはLINEで言わない!モテ女が使う愛の発信ツールは○○

DATE:
  • ガジェット通信を≫

一昔前は、下駄箱にメモ用紙が入っていて、体育館の裏で告白される……!というのが自然に行われていましたが、今はメールやLINEを使って愛を伝えるのが世の中の当たり前。さらにSNSの普及も重なり、気になる相手とのやり取りはいつでも簡単に行えるようになりました。

しかし、多くの人々がLINEやFacebookでメッセージを送り合う傍ら、モテ女たちはとある『アナログツール』を使ってメンズの心をガッチリ掴んでいるということをご存知でしょうか?

 

真の愛を伝えるのは、1000年前から使われている“とある手段”

最近、大好きな人に「ありがとう」もしくは「愛してる」と伝えたのはいつですか?もしかしたら昨日の夜、そんなラブラブなLINEを送った方もいるかもしれませんね。しかしそのメッセージ、1ヶ月後には流れてしまい読み返されることはありません。たとえ「保護」されたメールであっても、機種変をしたりアカウントを削除すれば一瞬で消えてしまう悲しさがあります。

 

そんな可能性に一切脅かされないもの、それが“手紙”です。

実は今、女性たちの間で密かな手紙ブームが起こっています。LINEのように一瞬でメッセージを伝えることはできませんが、手紙の良いところは1年後にも読み返してもらえること。そして、ちょっと言いにくい感謝や愛の言葉を丁寧に伝えられること。

毎年クリスマスには、プレゼントの代わりに一通の手紙を彼の枕元に忍ばせる……というロマンティックな手紙女子もいるほどです。

 

彼に喜んでもらえるメッセージの伝え方

インターネットのツールと違い、手紙は書き手の個性を最大限に出すことができます。封筒や便箋、シールなど一つひとつ選んでいくのも楽しいですよね。ラブレターであれば、とっておきの便箋を使いたいものです。

相手がずっと大切にしてくれる手紙を書くポイントは、プラスのメッセージを恥ずかしがらずに書いてみること!「あの時、○○君が支えてくれたから、私は新たな道に進む決意ができました。本当に感謝しています」なんて、面と向かって言う機会はないですよね!LINEで送るには硬すぎる内容も、手紙という形にして伝えることで、相手の心にズーンと響くメッセージに代わります。

敬語もポイントのひとつ。普段はくだけた口調の彼女が、手紙で丁寧な言葉を使うことにより、男性はドキッとしてしまうそうですよ。

 

奈良時代や平安時代には、男女が恋文を送り合う習慣がありました。私たちの遺伝子には、当時のトキメキの記憶が刻まれているのかも……?

 

今日は五(こ)二(ふ)三(み)で「こいぶみ」(恋文)の語呂合せと、浅田次郎原作の映画『ラブ・レター』の公開初日であったことからラブレターの日とされています。

すぐに、簡単に読めるラブメッセージも便利ですが、たまには時間と手間をかけて、とっておきのラブレターを綴ってみてはいかがでしょう?

 

ライター:meg(SHUTTER)

関連記事リンク(外部サイト)

恋愛倦怠期?ラブラブ期?長続きするカップルの3つの特徴
「そのしぐさ、隠さないで!」男子があなたと恋に落ちる意外な行動
こんなの初めて……!彼の心を落とすキスの応用テクニック
正直迷惑!?イチャイチャしたい彼女に知ってほしい男性の本音3選
【男女の違い】これは許してあげて!男のだらしない点3選

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
omotanoの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP