体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「照らす」だけじゃない! 進化した電球がすごいことになってます

家と家との間隔がかなり離れていることが多いアメリカでは、高級住宅地などで不審者の出入りをモニターするために、24時間監視カメラを含むセキュリティー会社のサービスを利用する家庭も多い。だが、この手の月決めサービスはかなり高価で、庶民向きではないことが多いのが難点だ。

自宅の玄関先の壁やガレージに安価な監視カメラをつけて、留守中の様子を手軽にモニターしたいが、「面倒な配線工事をするのは嫌」という庶民のニーズに応えたのが、LED電球にワイヤレスHDカメラが内蔵された「Snap」だ。

LEDに内蔵された広角カメラで、24時間不審者を監視

Snap(提供:SengledUSA)

見た目はごく普通の白いLED電球「Snap」。価格は150ドル。中に1,080pのHDカメラが内蔵されており、自宅のWi-Fiを通して、ビデオや画像を撮影できる。14Wの明るさのLED電球使用寿命は、2万5,000時間。1年間の電気使用は、約2ドル以下だという。

通常のソケットさえあれば、家の外でも内でもLED電球として機能する。玄関ドアの横やガレージの壁に取り付ければ、監視カメラだと気付かれずに、周囲の様子を24時間モニターできるのが特徴だ。外壁のほかにも、室内でペットや赤ちゃんをモニターするのにも使えそうだ。

「夜間に家を留守にする場合でも、カメラが自動的に作動し、センサーが動く物体を察知します。なにか動くものがビデオに映った場合は、アプリからすぐアラートが送られる仕組みになっています。広角アングルのカメラなので、不審者の動きを確実に捉えやすいんです」

と、Snapを販売するSengledのマーケティング・マネージャーのメガン・ジョンソン氏。Sengled は中国・上海に本社のあるLED商品専門メーカーで、この本社からスピンオフして、スマート電球を専門に扱う米国支社が、約2年前に立ち上げられた。

ビジネスモデルはクラウドサービス

SnapのLEDをオンにしたときの様子

撮影されたビデオ映像は、クラウドに保存される。このクラウドサービスは電球とは別売りだ。クラウドサービスで課金するのが同社のビジネスモデルで、クラウドサービスに加入しないと、使える機能もかなり限られてしまう。

14日間の無料お試し期間のあとは、30日間のサービスが約25ドル。7日間だけのサービスもあり、その場合は約10ドルだ。たとえば、まず1週間のクラウドサービスを申し込み、その後、気に入れば、30日ごとのサービスにアップグレードすることも可能。

クラウドサービスを利用すれば、スマホのアプリ上で、撮影されたストリーミングビデオを見ながら音声も聞けるので、数日間から数週間、自宅を留守にする場合なども安心だ。「旅先から、ライブやリプレイで玄関周りの映像を見られる安心感は大きい。電球はウォータープルーフで、汚れたら洗えるし、雨や雪が降ってもカメラには影響はありません」(ジョンソン氏)。

手軽な価格でさまざまな機能を電球に

サンフランシスコに拠点のあるSengled USAは、クラウドファンディングのIndiegogoで資金を調達。このSnapで、昨年のCESのイノベーション賞も受賞している。

このSnapのほかに、同社が発売してヒットした別のスマート電球が「Boost」だ。Wi-Fiリピーターとして使えるアンテナ内蔵のLED電球で、価格は60ドル。家やオフィスの面積が広く、W-Fiのシグナルが隅々まで行き渡らない場合に、この電球を使えば、シグナルを広範囲に行き渡らせることができる。

「このBoostは我が社のベストセラー商品です。いかにもメカっぽい無機質なWi-Fiリピーターと違い、見た目は普通の電球で、実際に電球としても使えるから、自宅のインテリアにフィットし違和感がないんです」(ジョンソン氏)

さらに、もうひとつの人気商品が、スピーカーとして使えるLED電球の「Pulse Solo」だ。Bluetooth スピーカーで、ひとつのLED電球の中に、スピーカーが2つ搭載されているので、即席ステレオになる。ワイヤーもいらず、部屋の中のどのランプでも使える。価格は60ドル。

1 2次のページ
TIME & SPACEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。