ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Pebble TimeにGPS機能を追加!専用ストラップ「Pal」はバッテリーも搭載

DATE:
  • ガジェット通信を≫

スマートウォッチの先駆け的存在Pebble。連携するスマホの各種情報を手元で確認でき、しかもリーズナブルな価格とあって、読者の中にも愛用している人がいるのではないだろうか。

そのPebble TimeにGPS機能を追加できるストラップ「Pal」がクラウドファンディングサイトKickstarterに登場した。スマホを一緒に携帯しなくても、Pebble Timeだけで移動距離やスピードなどを追跡できるようになる。

・アクティビティを単独計測

GPS機能が加わることで、ランニングなどのルート、走行距離、スピードなどの情報を記録・保存できる。

これまでは、まずスマホのGPSを起動して、そのデータをPebble Timeに“リレー”させる必要があったが、Palを使えばウォッチだけで完結する。

アクティビティデータは、Pebbleのディスプレーに表示されるほか、スマホのアプリでも確認できる。

・7日分のバッテリー搭載

もう一つの大きな機能としてバックアップバッテリーが挙げられる。Pebble Timeそのものは1回の充電でおおよそ7日間持つが、バンドをPalにすることでさらに7日分の駆動時間を確保できる。

これは、うっかり充電し忘れた時などにかなりありがた区、頻繁充電からも解放される。

現在、Pal はKickstarterで79ドル(約8700円)の出資で入手できる(出資期限は6月16日)。愛用のPebbleを“最強”にしたい人は要チェック!

Pal/Kickstarter

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP