ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

中国人亡命者 タイに辿り着いても強制送還に怯える生活

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 中国当局による弾圧は目を覆いたくなる。最近では東南アジアなど、国外にも張り巡らせた“密告網”により民主化を望む中国人が次々と捕らえられている。国際社会の目が届かぬ地で、中国当局は不穏の芽を摘み取っているのだ。

 ノンフィクションライター・安田峰俊氏は、当局の弾圧を受けタイに逃れた民主活動家を取材。習政権に背く者に対する凄まじい拷問が明らかになった。

 * * *
 地理的に近い東南アジア各国に流入する中国人亡命者はいまなお多い。私が昨年2月にバンコクで出会った亡命者・顔伯鈞(イエンボォジュン)氏が経験した亡命の壮絶な経緯と、現状を紹介しておこう。

 顔氏はかつて北京工商大学の副教授で、新公民運動 (※注1)に積極的に携わった人権活動家だ。

【※注1/2012年5月に許志永が正式に提唱した、穏健な民主化運動。最盛期には中国全国で10万人規模のシンパが存在したとされるが、習近平政権成立後にほぼ壊滅した】

 運動が弾圧された2013年4月に北京を脱出。中国国内を放浪した末、ついに2014年12月に国外亡命を決めた。当局のマークを受けて飛行機を利用できず、陸路での密出国だったという。

「まず、雲南省南部の国境の街・打洛(だらく)から、ミャンマー北東部のモンラーに渡りました。現地は軍閥の支配地で、ミャンマー政府の支配が及ばない場所。パスポートなしでも国境を越えられるのです」

 モンラー軍閥の支配者は、林明賢(リンミンシエン)という華僑だ。往年は文化大革命で暴れた紅衛兵崩れで、その後に中国・ミャンマー国境のジャングル地帯に独立勢力を築いた。顔氏は現地に友人がおり、ここからの逃亡を選んだ。

 だが、華僑系の軍閥だけに中国の影響は強い。捜査の手も国境を越えて伸びていた。

「宿の主人が中国公安への情報提供者だったらしく、深夜、追っ手に部屋へ踏み込まれそうになりました。慌てて友人の車で逃げました」(顔氏)

 山道で30km近くの距離にわたるカーチェイスを続け、追跡者を振り切った。追っ手に怯えながら移動し、メコン川を下りラオスに脱出する。だが、こちらも安全ではなかった。

「中国企業がラオスの土地を買い取って作った、金三角特区というカジノの街に身を寄せました。しかし、現地は警官の多くが中国人で、事実上の中国領のような場所。危険を覚えて離れました」(顔氏)

 そこで密航斡旋業者の力を借りてタイ領に入った。長距離バスの貨物室に十数時間もカンヅメにされる過酷な移動の末、ようやくバンコクに辿り着いたのは昨年2月19日だ。

 現地には古くから華僑が多く、近年亡命した民主化人士や法輪功の信者も大勢が暮らしている。だが、顔氏を驚かせたのは、東南アジアの大国・タイにも中国共産党の魔手が及んでいることだった。

「こちらの中国人社会にも多数のスパイが混じっていたのです。亡命者の生活は苦しく、買収されて仲間を売る者も少なくない。中国民主党(※注2)の関連組織の内部にすら、中国当局の内通者らしき人物が複数送り込まれているようでした」

【※注2/1998年に中国国内で結党が提唱された民主化運動組織。現在は内部分裂や分派活動が激しく、全体としての統一は取れていない】

 事実の確認は困難だが、顔氏らが亡命後も疑心暗鬼の生活を送っていることは間違いない。現在もなお、身元不明のタイ人や中国人にしばしば尾行され、経済的にも苦しい状況のなかで転居を繰り返す日々だ。故郷の家族との連絡も、泣く泣く断っているという。

 また、対中関係を重視するタイの軍事政権はもちろんのこと、難民申請を受け付ける国連難民高等弁務官事務所も、中国人亡命者には冷淡だ。「五大国」の一角を占める中国を刺激することに、国連は及び腰である。

「タイにいる限り、スパイによる密告と強制送還に怯える生活。しかし陸続きの周辺国にもすべて中国の息がかかっており、第三国への再亡命も困難なのです」

 今年3月7日、そんな現状に業を煮やした中国人亡命者の黎小龍氏が、家族を連れて海路で再亡命を図った。だが、船が遭難してタイ当局に捕捉され、そのまま中国に強制送還されている。顔氏もいつ、黎小龍氏と同様の境遇になるかはわからない状況だ。

●やすだ・みねとし/1982年、滋賀県生まれ。立命館大学文学部(東洋史学)卒業後、広島大学大学院文学研究科修士課程修了。在学中、中国広東省の深セン大学に交換留学。主な著書に『知中論』『境界の民』など。公式ツイッターアカウントは「@YSD0118」。

※SAPIO2016年6月号

【関連記事】
バンコク亡命中の中国人「共産党への怒りだけが生きる支え」
ネットに登場の「中国人クズ番付」など中国の民意に迫った本
米大学 中国人学生団体公認取り消し決断理由にスパイ活動等

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP