ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

高校を2度退学した塾長が語る 回り道と復活の半生

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 広島県福山市にある塾、「フジゼミ」塾長の藤岡克義さん(40才)が自らの経験を基に提言する人生訓。“普通の道”から外れてしまっても再出発できる「再生の希望」が詰まった一冊が、『大切なのは「つまずき 寄り道 回り道」小さな塾「フジゼミ」塾長と生徒たちの昨日、今日、明日』(小学館)だ。

 1975年、広島県に生まれた藤岡さんは両親の勧めもあって私立の中高一貫校に進学したが、進学校に馴染めず同級生とけんかをして1年で退学。地元の中学に転校するも、そこは“やんちゃな子供たち”が集まる学校。たばこやシンナーは身近なものになり、他校の学生とけんかするなど、あっという間に“非行少年”の仲間入りを果たすようになる。

 なんとか高校に進学したが、そこでもまた部活の同級生とけんかし、あばら骨を折る怪我を負わせ退学となってしまう。

「父親から、“もう家には帰ってくるな”と言われました。ぼくは親や学校や社会に不満があったわけじゃないけど、抑圧されていることに息苦しさがあった。そこに対する反抗でしかなかったんです」(藤岡さん)

 有無を言わせない父親の一言で、親類を頼ってひとりで上京し、大人に混じって酒屋の手伝いをすることになる。藤岡さんが15才のときだ。それでもそんな生活は長くは続かない。そのまま働き続けられるとは思えないし、続けたくもない。地元の友人にも会いたい。藤岡さんは約半年の社会経験を終え、地元に帰ることに決めた。

 地元に戻り、働きながら受けたのは“名前を書けば誰でも合格する”といわれた高校だ。合格通知を受け取り、同級生より1年遅れた入学を控えた3月、藤岡さんは交通事故に遭う。

「友人たちと無免許で盗難車を運転していて電柱に衝突しました。みんな無事でしたが、ぼくは右目の視力を失った。治療のため入退院を繰り返し、入学した高校も留年が決まってしまった。留年してまで行きたい高校ではなかったので、退学しました」(藤岡さん)

 2度目の退学――自暴自棄な気持ちもあったろう、ちょっと働いては遊ぶ、そんな生活を繰り返していた。そうしたなかで出会った人から「経営するゲーム喫茶の店長をやってみないか」と持ちかけられた。藤岡さんにとっては天職のように思えたが、不安もあった。

 昼過ぎに起きて夕方から出勤し、朝方家に帰ってくるという生活スタイル。いつか警察に摘発されるかもしれないという不安。生活するには充分な給料を得ながら、同時に考えたのは、“このままでいいのだろうか”ということ――。

 そして、藤岡さんに転機が訪れる。

「そんなとき、小学校のときの同級生に偶然会ったんです。今なにしてるんだと聞くと、大学生だという。記憶の限り、彼は勉強とは無縁のタイプでしたからびっくりしました。近所で英語の私塾を開いていた呉服屋のおじさんに勉強を教わったそうです。そのとき、急にぼくのなかで“大学”という選択肢が浮かんできました」(藤岡さん)

 同じ頃、家族との関係性も変わった。

「どこにいたの」 「こんなに遅くまでなんの仕事をしているの」

 顔を見ればそんな言葉を繰り返していた母が“変わった”。

「母は後に、『今が底なんだと思ったら気持ちが楽になった』と言っていました。親が自分を受け入れてくれたことで、ぼくの非行は終わった。友人が教えてくれた呉服屋のおじさんのところに行き、勉強を始めました。まずは大検(現在の高卒認定)をとり、大学受験勉強に突入しました。

 英語は“This is a pen”から、国語は小学4年生向けのドリルから始め、10か月にわたる1日10時間の猛勉強で、ぼくは同級生より2年遅れて國學院大学の経済学部に入学しました」(藤岡さん)

 人より遅れて大学に入ったことになんの後悔もない。だけど、遅れたからこそ時間を無駄にしないようにという気持ちがあった。東大や早稲田、明治など有名大学の学生たちが集まる「岩國哲人ゼミナール」に参加し、世界はどんどん広がっていく。有名企業の社長や、政治家などに会ったり、就活本を読み漁るなど、「広い世界」に夢中になった。

 就職活動を経て、建設業界大手の大林組に内定。やりがいのある仕事に夢中になったが、約3年働いた後に退社する。フジゼミを立ち上げるためだ。

「積み上げると1mくらいの高さになる受験勉強のときのノートやファイルは、宝物として大学時代も就職してからも家の本棚に並べていました。それを見ては、“こうやってイチから勉強すれば誰でもできるようになるのにな”という思いを募らせていたんです。自分が教えてもらった勉強をシステム化すれば、たくさんの人に自分と同じチャンスが巡ってくる。その思いがフジゼミの始まりです」(藤岡さん)

※女性セブン2016年6月2日号

【関連記事】
スーパーの服だからとバカにするな! トレンドもバッチリ
延長15回裏サヨナラヒット ベース踏み忘れで甲子園幻の事件
故・山岡久乃との「確執報道」の真相を橋田壽賀子が説明する

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP