ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スタバやKFCがちょい飲み展開 いいところに目をつけた

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 仕事帰りに立ち寄り、お酒を一杯と少しのつまみで短時間で楽しむ「ちょい飲み」が広がっている。駅前の小さな立ち飲み屋で見られたこの業態が、今では全国チェーンの飲食店、ファストフード店でも提供されるようになった。話題の「ちょい飲み」の可能性について、経営コンサルタントの大前研一氏が解説する。

 * * *
 コーヒーチェーン店やファストフード店の「ちょい飲み」が話題になっている。「スターバックス」や「ケンタッキーフライドチキン」などが“仕事帰りに軽く1杯”の新業態を展開しているのだ。

 今年3月、東京・丸の内に日本1号店がオープンした「スターバックス・イブニングス」は、グラスワインが850~1200円、グラスシャンパン1400円、ビール800~850円、ラタトゥイユ650円、タルトレット380円(いずれも税抜き価格)という強気の価格設定だ。

「ケンタッキーフライドチキン」は高田馬場店が4月にリニューアルして昼はカフェ、夜はバルとなり、生ビールとクラフトビールが550~750円、オリジナルのハイボールが460円で、ワインやカクテル、サワーもある。

 つまみは、ぷりっと鶏もも肉の燻製が480円、生ハムとデンマーク産カマンベールの盛り合わせが580円、ソーセージ&角切りベーコンのジューシーグリルやチキン・コルドン・ブルーラタトゥイユ添えが680円(いずれも税込み価格)など、フライドチキン以外も充実している。

「ちょい飲み」は、もともと中華食堂「日高屋」や牛丼「吉野家」の「吉呑み」をはじめ、立ち食いそば「富士そば」の「ふじ酒場」、長崎ちゃんぽん「リンガーハット」の「ちゃんぽん酒場」、コンビニ「ミニストップ」の「cisca」、ハンバーガーチェーン「モスバーガー」の「MOSCLASSIC」などが続々と登場した。それが人気を集めているため、他の外食チェーンも追随しているのだ。

 これまでサラリーマンが仕事帰りに同僚や友達と飲みに繰り出す店といえば、居酒屋、焼き鳥屋、おでん屋などの赤ちょうちんが定番だった。しかし、思うように給料が上がらず(したがって小遣いも上がらず)消費を抑えざるを得ないため、少しでもリーズナブルに飲みたいという切実なニーズに「ちょい飲み」がマッチしたのである。現代サラリーマンの悲哀を如実に物語る現象と言えるだろう。

 そういう状況の中で、中高年おやじだらけの赤ちょうちんとは異なり、若い女性も抵抗なく立ち寄れるスタバやケンタで軽く1杯、というトレンドはアフターファイブの“真空地帯”を開拓するもので、いいところに目をつけたと思う。

 このセグメントは、今後もまだまだ市場が拡大する余地があるだろう。なぜなら、近年は男も女も単身者が増えているからだ。誰しも会社から真っ直ぐ帰宅したくないと思う日がある。しかし、定食屋やファストフード店で孤独な晩ごはんだけというのは殺伐としているし、行きつけの店がない限り、1人で居酒屋などに立ち寄るのも難しい。

 現在の昼のファストフードやコーヒーがメインで夜の「ちょい飲み」はサブという営業形態とは逆に、夜の「ちょい飲み」をメインにして昼のカフェや定食屋がサブという業態が出てくるかもしれない。

 ただし、マニュアル型のチェーン店のオペレーションでは「ちょい飲み」ブームを新たな食文化にまで発展させるのは難しいと思う。料理のバリエーションに限界があるし、コの字型カウンターで他の客と互いに向き合ったり、壁を前にしたりして飲むというのは、とくに1人飲みでは侘しさが募るからだ。

 それならコンビニやデパ地下で惣菜を買って帰り、自宅でゆっくり飲んだほうがマシだと考える人も多いに違いない。したがって、ファストフード店などの「ちょい飲み」ブームは長続きせず、今後は徐々に淘汰されていく可能性が高いだろう。

※週刊ポスト2016年6月3日号

【関連記事】
なか卯の「呑み卯」 老舗居酒屋と比べて遜色ないとの評価も
天丼てんや 「ちょい飲み」メニュー拡充の戦略を社長に直撃
「ちょい飲み」人気の日高屋 アルコール売り上げ他店の5倍

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP