ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

NYのビルに描かれた「10の仕事論」が話題に!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ここは、NYにあるHouston streetとMott Streetの交差点。フォトグラファーのジェイソン・ワイチェが撮影したのは、なんと自己啓発の文言が書かれたビルの壁でした。

「HOW TO WORK BETTER」
(上手に働く方法)

01.何かするときは、一度に一つずつ。
02.問題を知ろう。
03.聞くことを学ぼう。
04.質問することを学ぼう。
05.無意味から意味を区別しよう。
06.変化を、避けられないものと受け入れよう。
07.間違いを認めよう。
08.シンプルに言おう。
09.落ち着こう。
10.笑おう。

じつはこれ、「Peter Fischli and David Weiss」というスイス人アーティストたちの作品。「Public Art Fund」によれば、もとを辿れば30年以上前。タイの陶器工場にあった掲示板に書かれていた文言を使用したものだそうです。いつの時代も、ハードワーカーたちの間では、苦労を乗り越えるための教訓が掲げられていたのかも。

写真は、2016年2月5日から5月1日までの間、新たに行われていた展示。その第一弾は、1991年チューリッヒのオフィスビルに展示されていました。今も多くの人々の手によってコピーされ、拡散し続けているそうです。

Reference:Peter Fischli and David Weiss,Public Art Fund
Licensed material used with permission by Jason Wyche

関連記事リンク(外部サイト)

世界を熱狂させるNYバスツアー「THE RIDE」 街全体がステージに!
再生回数700万超!?日本の「給食」に、世界からオドロキの声

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP