体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

青春プレイバック!愛知県民なら絶対懐かしい遠足スポット【愛知】

青春プレイバック!愛知県民なら絶対懐かしい遠足スポット【愛知】 宇治山田郵便局

小学校、中学校、遠足でどこへ行ったか、覚えてますか?

今回、じゃらんでは小さい頃愛知県に住んでいた方に昔遠足で行ったスポットを緊急アンケート。

パッと聞かれるとなかなか出てこなかった人も、この記事を見れば「あぁ!そうそう!行った行った!」と思い出すはず。

岐阜や三重など東海地方の人なら野外活動や社会科見学で結構行っているスポットが多いのではないでしょうか?

小さい頃はよくわからなかった、小難しい施設も大人になった今行くと楽しいはず。お小遣いも持っていけるから食べて、遊んで、おみやげ買って…。

昔を感じながら『おとなの遠足』を楽しんでみませんか?

手作りのお弁当、お菓子は300円まで、バスの中で合唱などなど懐かしい思い出がよみがえるはずですよ!

博物館明治村【愛知県犬山市】

朝ドラのロケ地巡りで気分は女学生

博物館明治村 ロビー

3階まで吹き抜けのロビー。2階に喫茶室があり館内外を眺めながら寛げる

おとなの今だからわかる、レトロで素敵な建物たち。

明治村は小学校高学年から中学生の頃に遠足で行く定番スポット。子どもの頃、この歴史的建造物をどう見ていたのかな?昔のすごい建物?でも、その価値は、おとなの今だからこそよくわかります。

細部にこだわった外観、窓枠、装飾…どれひとつとっても美しい。移築されなければ、今の時代に見られなかった…と思うと、ドラマチックですよね。

そして、ここへ来るとタイムスリップした気分になるのは建物だけでなく、当時のSLや市電が実際に走っていたり、帝国ホテルの喫茶室でお茶したり、宇治山田郵便局で手紙が出せたり、当時の空気感を大切にしているからこそ。

映画やドラマのロケ地で使われるのも納得です。大好きな朝の連続テレビ小説「花子とアン」も、重要なシーンで何カ所か撮影。

友達誘って、花子と蓮子になりきるのも楽しいですよ。

※モデル着用の衣装はイメージです

※「ハイカラ衣装館」の衣装を着用しての飲食、村内散策はできません

【懐かしポイント.1】「おまわりさんと敬礼したね~」

京都七条巡査派出所付近

京都七条巡査派出所付近1 カメラは高価で持っていけないから、カメラ担当の先生探して撮ってもらった!

↓タイムトリップ!

京都七条巡査派出所付近2 当時のおまわりさんの姿をしたスタッフに会えるかも!

明治45年に京都の西本願寺・龍谷大学の入口角に建てられた派出所。ドラマでは東京の街並みとして周辺が使われていました。

【懐かしポイント.2】「汽笛の音が懐かしい~」

蒸気機関車

蒸気機関車

汽笛の音にびくびくしながらハイチーズ。今も昔も写真はピースが定番!

約800mの区間を毎日往復。2輌ある蒸気機関車のうち12号は明治7年にイギリスから輸入、昭和32年まで名古屋市内で走っていました。

【懐かしポイント.3】「かわいいポストがあるよ」

宇治山田郵便局

宇治山田郵便局
1 2 3 4次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。