体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

内定を辞退してフィリピンに来た僕から、就活中の君に伝えたい5つのメッセージ

内定を辞退してフィリピンに来た僕から、就活中の君に伝えたい5つのメッセージ

世界一周1カ国目。フィリン・セブで語学留学をし始め、あっという間の1ヶ月が過ぎました。こちらでは、平日はカン詰めになって勉強し、週末は外出し気分転換というメリハリのある生活が続いています。

 

もし、語学留学を検討しているのであれば、ぜひフィリピン留学のことも調べてみてください!フィリピン留学の写真はInstagramにて更新中です。

 

今回の記事は、内定を辞退してフィリピンに来て「“フィリピン”に教えてもらったポジティブメッセージ」を、就職活動に奮闘しているみんなにシェアしたいと思います!

 

スラムの子どもたちから貰ったメッセージ

IMG_0001

photo by Kazuki Kiyosawa

「キミがくよくよしてる時間も、スラムの子達は笑ってるよ」

人生初めて、恐る恐る足を踏み入れた「スラム街」。テレビで観ていた「スラム街」の風景は、感じるものが全く違いました。

後に知ったこの通り道、実は発砲をはじめとした誘拐脅迫が多い道なようで、地元の人も危ないからと近寄らないそうです。

IMG_9980

photo by Kazuki Kiyosawa

しかし、そこで僕を待っていたのは、カメラを構えた僕を珍しく思ったのか「撮って!撮って!」と寄ってくる子どもたちの笑顔。

子どもは自分の環境を選べない

今ある環境に日々感謝しようと思い出した経験でした。

 

スポーツを通じて感じたメッセージ

IMG_0407

photo by Kazuki Kiyosawa

「言語の壁? んなもん、人間のパワーの前ではペラッペラの紙みたいなもん!」

…ある日の休日、友達と“コスタベラトロピカルビーチ”に行きました。そこで、出会ったフィリピン人たちと、本気でビーチバレーをやりました!

最初は僕1人で混ぜてもらってたのですが、「本気でゲームしようぜ!」となって、みんな参加しました。いわゆる「国際大会」ってやつ。

 

お互い完璧な“言語”のコミュニケーションなんて取れなくても、心は通じ合ってましたし、そこで出来た友情と経験は、僕の人生にとってかけがえのないものになりました。

最後は日本人チームが負けてしまったため、“友情の証”としてビールをご馳走してあげました(ギャンブルしてたわけじゃないけど)

 

「英語が喋れないから、海外に行けない?世界一周出来ない?同じ人間なんだ。“通じない”ってことはないだろ。お前次第だ!」

やっぱり、スポーツは国境を越える!そんな当たり前のことを経験できた1日でした。

 

宗教間で感じたメッセージ

FullSizeRender3

photo by Kazuki Kiyosawa

世界的にも有名な教会「Sto.Nino Church(サント・ニーニョ)」に行った時のお話です。無宗教の僕にとって、人生初めての礼拝。

1 2次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会