体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【安藤美冬×白木夏子 vol.1】人生を楽しもう。それが一番「意識の高い」ことだから

ジュエリーブランドHASUNA創業者の白木夏子さんと、ノマドワーカーの先駆けである安藤美冬さん。「旅をしながら仕事をしている」という共通点を持つ2人は、プライベートで一緒に海外旅行をするほどの仲。
【安藤美冬×白木夏子 vol.1】人生を楽しもう。それが一番「意識の高い」ことだから

そんなおふたりの対談を、2回に分けてご紹介します。今回は、意外な共通点も多い「海外経験」について伺ってみました。

イギリスとオランダで感じた
「社会正義ってなんだろう?」

【安藤美冬×白木夏子 vol.1】人生を楽しもう。それが一番「意識の高い」ことだから

白木 安藤さんと私って、共通点がたくさんありますよね。2人とも留学経験があるというだけじゃなく、2000年初頭はまだアメリカ留学が主流だった時代なのに、私はイギリスに、安藤さんはオランダに行った。主流からちょっとはみ出してみるというところがまず共通しているのかもしれません。

安藤 そうですね。でも、それだけじゃない。私は大学時代にジャーナリストになりたいと思って、当時同性同士の結婚をいち早く認め、また、尊厳死の合法化やワークシェアリングの仕組みを世界に先駆けて整えたオランダに留学したんですね。その過程で一時期、様々なNPOに顔を出していたことがあったの!社会正義、社会貢献というものに燃えていたんですね。

白木 美冬さんはよく「社会貢献を振りかざす人は苦手」って言っているのに!(笑)。でも、美冬さんがオランダに留学したのは2001年でしょう?その時代にオランダに留学したら社会に意識が向くのはわかる気がします。

安藤 そう。先進的な取り組みを知ることができたから。それで帰国後も色々な団体にちょくちょく足を運んでみたものの、何か肌に合わなくて。「社会を変える」というすごく大きな命題を掲げているわりには、とても狭い世界に閉じこもっているように見えたんですね。世界はこうだと決めつけ、自分の倫理観や道理に合わないものを一切排除してしまうというか。

白木 たしかに、15年前はNPOなどで働く人たちの感覚が今とは違っていたかもね。私も同じ頃に名古屋のNPOに顔を出していたんだけど、同じような違和感がありました。そこにいる人たちは、明確に悪者がいて、正義感に満ち溢れていて、「戦争は悪だ」と主張しているのに、心はいつも戦争しているじゃないかって思うこともあったし。当時はまだNPOという活動形態自体が始まったばかりで、手探りだったんだろうけど…。
【安藤美冬×白木夏子 vol.1】人生を楽しもう。それが一番「意識の高い」ことだから

安藤 そうですよね?率直に言うと、そこにいる人たちが幸せに見えなかったんです。だから私は別の道を行こうと思って、「社会貢献がしたい」という大きなビジョンも「ジャーナリストになりたい」という看板も下ろして、普通に就職活動をして出版社に就職することになりました。自分の内側にある熱い思いの種をちょっとくすぶらせながら。だから20代の終わりに、夏子さんのことを新聞のインタビューで知った時は圧倒されました。同世代の女性に、かつて自分が憧れて、そして諦めた道を真っ直ぐ歩いている人がいるってことに素直に感動したんです。

1 2 3 4次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。