体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【安藤美冬×白木夏子 vol.2】旅をしながらキャリアをつくる「ワーク・ライフブレンド」って?

これまで50ケ国以上を旅しながらフリーランサーとして取材、執筆、講演活動を行う安藤美冬さんと、シンガポールにも会社を設立し、各地の鉱山と直接取引きをしながらエシカルジュエリーHASUNAを展開する白木夏子さん。

【安藤美冬×白木夏子 vol.2】旅をしながらキャリアをつくる「ワーク・ライフブレンド」って?

「旅をしながら仕事をしている」という共通点を持つ2人は、プライベートでも一緒に海外旅行をするほどの仲。そんなお2人の対談、2回目となる今回は「旅と仕事の関係」と「旅をする理由」について伺いました。(vol.1はこちら)

旅は心のボーダーを外し
良い意味でKYになれるもの

【安藤美冬×白木夏子 vol.2】旅をしながらキャリアをつくる「ワーク・ライフブレンド」って?

白木 海外のまったく違う文化で過ごしてみると、日本にいるときと感覚が変わりますよね。私は海外に出るまでは内向的だったけれど、皆がどんどん発言して主張するロンドンに留学をしたら、「自己主張しないと無の存在になってしまうんだ」と気づいて、自分の意見を大切にするようになりました。

安藤 そうですね。私もオランダでの留学生活で「言葉にしないでもある程度分かり合えるのは日本の中でだけ。理解し合うために、ちゃんと気持ちを言葉にしよう」って痛感しました。また、2015年の初夏に旅行代理店とコラボしてブータンへのツアーを企画したのですが、現地で政府高官や教師たちと話をする中で、ブータン人の心のあり方にすごく感動したんです。敬虔な仏教徒であることもおおいに関係していると思うのだけれど、瞑想を学校のカリキュラムに取り入れ、「幸せ」を第一の指標として、自分の心の内側を深め、同時に相手の心にも共感する力を養っているあり方が素晴らしかったんです。夏子さんの言うように、自分の意見を大事にする姿勢を持ちながら、相手を敬うということですね。

白木 そう。旅によって心のボーダーが溶けていくことは多いですよね。

【安藤美冬×白木夏子 vol.2】旅をしながらキャリアをつくる「ワーク・ライフブレンド」って?

安藤 今年の1月半ばから3月頭まで、内閣府からオファーをいただいて、インド、スリランカ、シンガポールを船でまわってきたんです。内閣府が招聘した外国青年と日本青年合計240人を「にっぽん丸」という船に乗せて、船内や寄港地でリーダーシップ研修を行うという「世界青年の船」という事業。

私は船内での議論を盛り上げるファシリテーターとして乗船したのですが、そこで、ちょっとした出来事が起きたんです。船がスリランカに到着した日、船内で盛大なウェルカムパーティーが開催されるので、私はスタッフの一員として入り口に立って、衛生管理のために手指消毒剤を来場者に擦り込む担当をしたんです。

ただ、そこで思わぬことが起きたんです。おそらく手指消毒剤を使う習慣がないから、スリランカ人の中には、この消毒液を顔に塗ったり、あやうく飲み込みそうになる人まで出てきたの!手指にシュッと吹きかけることを、何かの宗教的な儀式だと思ったのかな?こんな些細な出来事からも、自分にとって当たり前のことが相手にとっては当たり前ではないことがわかりますよね。

1 2 3 4 5次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。