ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

頭巾を愛用した黒田官兵衛 「梅毒の腫れ物を隠すため」説も

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「討死」や「謀殺」、「自決」によって英雄の最期はドラマチックに語り継がれるが、「病」に苦しみ、「病」と闘い、「病」に斃れた歴史上の人物の悩みはあまり知られていない。黒田官兵衛(1546~1604年。享年57)の死因は何だったのか?

 秀吉の天下取りに類いまれなる頭脳をもって貢献した名参謀。晩年は家督を子・長政に譲り九州へ隠居。1604年に病没するが、死因は梅毒が有力視されている。官兵衛が頭巾を愛用したのは側頭部の腫れ物を隠すためとも。

 腫れ物は梅毒によるゴム腫と考えられる。また、悪事を働いた者に対し激高するかと思えば急に許し、また折檻するなどの奇行が目立った。これも梅毒が脳に障害をきたした症状と考えられる。

※病名などについては『戦国武将の死亡診断書』(酒井シヅ監修/エクスナレッジ刊)などを参考に記したが、病名や死因については諸説ある。生年・没年については『コンサイス日本人名事典』(第4版/三省堂)などを参考にした。享年は満年齢を基本としたが、出生・死亡日が不祥のものは数え年で表記したケースもある。

■監修/酒井シヅ(順天堂大学名誉教授)

※SAPIO2016年6月号

【関連記事】
聖徳太子 死因は天然痘説が有力だが暗殺説も根強い
落馬事故で死んだと言われる源頼朝 暗殺説や糖尿病説も存在
農民から上り詰めた豊臣秀吉 贅沢な食生活で命を縮めた

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP